先日、雑誌TVで話題の中国酒家(ちゅうごくしゅか)の

お店に行きました。想像以上に美味しいかったので、

ここはかなり推薦致します。

これから、もっともっと美味しいグルメを、

グルメハンターになり、情報をお届け致します。

本日は法人コンサルティングと、

ドミナント戦略のお話しです。

【個人から法人へ、特別コンサルティング】

法人もコンサルティングしますよ。

基本的には個人が中心ですね。

ただ、最近の教えいていく人は

経営者の方が多いです。

いわゆる社長さんですね。

だから、リスト収集の方法や、

LPやサイトのPPC運営、

SEOサイト構築、

キーワード戦略が

必要だと教える必要があります。

もし、本業の収入も2倍になったら

とても嬉しいですよね。

そういう意味で法人コンサルティングも

時と場合によりしますね^^

経営者の方は相談して下さい。

【チャネルマーケティングで

コミュニケーションをはかる】

最近、チャネルマーケティングが

流行っていますね。

チャネルとは、商品が

消費者ユーザーと

出会う場所を設定するための

取引経路と位置づけられています。

代表的な例でいうと、

「you tube チャネル」ですね。

よく、「you tube チャネル

登録して下さい。」

と、言われると思います。

まさにあれですね。

もし、チャネルを使うのでしたら、

商品の性格に合わせたチャネル起用が

原則になりますね。

インターネットビジネスは

情報販売社会なので、

youtubeチャネルや

ユーストリームチャネル

など、活用すると面白いです。

連動しやすいと思います。

既存の取引先に商品を

流しているだけではなく、

市場・需要の変化に合わせて

適切なチャネルを開発することが

重要な課題となります。

最近では、コンビニエンスストアも

そうですね。

インターネットも、

その中心となっていますね。

【ドミナント戦略で、相手・

他社よりも優位性を持つ】

ドミナントとは、「支配的な」

「優勢な」「優位に立つ」

という意味を持つ言葉です。

う~んと下記のような表現でしょうか。

・携帯ならソフトバンク!?

・電化製品ならビッグカメラ

・ソーシャルメディアならFACEBOOK

・コンサルティングなら生天目佳高

このように業界を支配出来るなら、

もちろん、収入も馬鹿でかいですね。

ドミナントの場合の例は

小売業が多いですね。

小売業がチェーン展開をする場合に、

地域を特定し、その特定地域内に集中した

店舗展開を行うことが多いです。

ドンキホーテなどでしょうか。

経営効率を高める一方で、

地域内でのシェアを拡大し、

他小売業の優位に立つことを

狙い目となります。

マーケティングって本当に、

幅広いですよね。

学んでいて楽しいです^^

「オプトインアフィリエイトの集客の極意」が

大好評発売中 
↓下記より↓

こちらよりご購入できます 
著者:生天目佳高

おすすめの記事