【ホンダは「脱ガソリン宣言」で電動化(EV)に5兆円投資】

写真は表参道で自分が好きなラグジュアリーな

空間のお店で料理を楽しんだ時の

様子よりです☆

表参道はオシャレなお店が多いですね。

今日のコラムはホンダさんのお話です。

ガソリン価格も120円ほどの時もありましたが、

現在は約168円ほどと異常に高騰をしていますね。

自分は車に乗らないので分からないですが、

自動車関係の事業をする人からは、

痛手でもありますよね。

前回のコラムの【5月は経費で月1000万円レベル➡業績も去年を越えそう】

まだチェックされていない方は合わせてご覧になってくださいね。

【自動車業界は100年に1度といわれる転換期を迎えています】

自動運転、シェアリング事業、車の電動化を巡って、

電機メーカー、IT企業など他の業界の企業との

競争が激しいようです。

そんな中、ホンダの三部氏は社長就任早々、

「脱ガソリン」宣言を行いました。

全て、オール電動化に向けていくとのことです。

2030年までに電気自動車(EV)や

ソフトウエアに5兆円を投資する

計画を発表したそうです。

5兆円て凄いですよね。

5兆円ほしいです(^^♪笑

【そもそもホンダ(Honda)の魅力とは!?】

ホンダはゴールデンウイーク明けからリモートワークを取りやめたようです。

コロナ前の体制を取り始めた。全従業員が出社することで、

対面でのコミュニケーションを高めているようです。

なかなかリモートワークだけでは意思伝達が

伝わらない部分もありますよね。

有名な社長の本田宗一郎時代から

「ワイガヤ」と呼ばれる上下隔てなく

議論するという独特のコミュニケーションが主流のようです。

ホンダはこれまで数多くの

エポック的なテクノロジーや

製品を生み出してきました。

それがあってこそのようですね。

「習慣を破ることは、勇気のある人の行うことである。」

本田宗一郎さんの有名な言葉ですね。

わたしの生天目の師匠のひとりも言っていました☆

【日本で電気自動車(EV)を普及をさせるためには?】

日本でEVを普及させるためにはどうしたら良いのでしょうか?

特に主力である軽自動車の領域を攻略するのが、

一番電動化が広まっていくことになると考えた」

と現在のホンダの社長、三部氏は話しております。

電気自動車EVの最大市場である中国では、

2027年までに10機種を投入予定です。5年後、10年後の

ホンダの動きから目が離せないですね。

ハードウエアとソフトウエアの

各プラットフォームを

組み合わせたEV向けプラットフォーム

「ホンダe:アーキテクチャー」の

展開を2026年から始めるとの計画のようです。

SNSもそうですが何事もプラットフォームを

活用したビジネスは実業家が考えて

思考していくものですよね。

プラットフォームからの広告展開など

ビジネスの幅が広がりますからね。

【LINE公式メルマガ 起業スタートアップ動画9本プレゼント】

☆生天目佳高公式LINE【改2】

1クリック追加でご覧になれます。

起業大百科のスタートアップ動画9本を期間限定でプレゼント中です。

定期的にLINE限定でのビジネスや

マーケティング、マインドセットなど役に立つ情報

お届けしています☆1クリック追加後、

メッセージ・スタンプなど何か頂けたら嬉しいです^^

儲かる人を本当に輩出しすぎて、

完全クローズドのZOOM講演会情報も生天目LINEオフィシャル限定での

募集となります^^☆

ご購読、ありがとうございました^^

おすすめの記事