s__39100429

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在29位 / 249人中)

こんにちは。生天目佳高です。

 

人がモノを買いたくなる瞬間

これがわかったらいいですよね!?

 

そんな瞬間を察知できる

方法について書いていきます!!

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~5月31日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

S__28327940

商品を売りたいと思うなら、

「買いたくなる瞬間」を知ること

 

う~~~ん。

これはどんな販売業にも言える

普遍的な事実だと思います。

 

お客様が買いたくなる瞬間

「これ欲しいな」

「あ!素敵!買おうかな」

 

なんて瞬間があると思います。

 

なぜ欲しいと思ったか、この理由を

知っているかどうかで大きく変わります

 

なぜなら、接客の最中にお客様が

「買いたい」「欲しい」と

 

感じるポイントを

見抜き伝えられれば、

 

商品が売れる確率は

上がるからですね。

 

だからこそ、この買いたくなる理由を

ストックすることをお勧めします。

 

お客様が買いたくなった瞬間を

たくさん知っておくことで、

接客で有利な場面が増やせるのです

 

と言っても、

やることはとても簡単です。

 

店頭でもネットでも

雑誌でもいいのですが、

商品を目にする機会がありますよね。

 

そんなときに、

「あ、これ欲しい!」

 

と思うことがあります。

その理由をとにかく

溜めていくだけです!!

 

ノートでもメモ帳でもいいので、

欲しくなった理由をためていきましょう

 

それだけで、

確実に接客力が上がります。

 

例えば、ファッション雑誌を

見ていたとします。

 

パラパラとページをめくっていると、

どこかで欲しい

 

と思える瞬間が出てくるはずです。

まずはその理由が何かを考えます。

 

ただビジュアルが気に入ったのか、

今持っている服に合わせたい

と思ったのか、

 

こだわりの理由を

読んで欲しくなったのか、

 

モデルの着こなしが

素敵で気になったのか。

 

いろんな理由が出てくるはずです。

その理由を書き溜めておきます。

 

この癖がついて、ストックが増えると

接客中にもお客様の理由が

見えるようになってきます

 

「あ、このお客様は同じような

服を持っていないから欲しいんだな」

 

とわかれば、オススメする言葉も

変化しますよね!!

 

誰にでもできる簡単な方法でいて、

とても効果的な方法です。

 

というわけで、

この後早速試してみてください!!

 

今日、店頭でも雑誌でもネットでも、

商品を目にして「欲しい」

 

と思った理由を

考えてみてください。

 

どんな場所で見たものでも構いません。

ポイントは、「これ欲しい」「買いたい」

 

と感じた理由を

しっかり考えて書き出すことです。

 

やることは簡単なことですが、

効果が出やすいトレーニングです。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~気持ちを理解する~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>