1888470_501660699942594_1677718111_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在14位 / 248人中)

最近ではあまり話題にのぼらなくなった

電子ブックについてのお話です。

 

2019年度には2014年度の2.3倍の

2,890億円程度になると予測されています。

 

ですが・・・

 

電子ブックの取り巻く環境への影響は??

 

14年度の電子書籍市場の市場規模は、

1,266億円でした。

 

この数字は、2013年時の市場規模が

936億円から比べると、

 

35.3%増加ですごいスピードで

伸びてきました。

 

でも、2015年1年間での

ネット利用状況の変化を分析が

下記になります。

 

「電子書籍の利用率は1月度調査で

18.5%だったのに対し、12月度調査では

19.0%とほぼほ横ばいで推移。

 

一方、「利用するつもりはない」とする人が

1月度調査では36.4%だったものの、

12月度調査では43.3%と上昇。

 

“あまり関心がない”の23.4%(12月度調査)と

合わせて7割近くのユーザーが

電子書籍に関心がないことがわかった。」

 

う~ん、だいぶ関心が

薄れてきているようですね!!

 

電子書籍の利用率は2割弱!!

約2000万人が対象になります。


20150425035950

電子ブックでよく利用されている

タブレット端末の売上げも、

爆発的に売れる時期は過ぎています。

 

端末が売れなくなると、

電子ブックを買う人も

増えないことになります!!

 

なので、電子ブック読者の増加は

見込めないでしょう。

 

本を買う人の割合は、そもそも

紙でも電子ブックでも差は

ないと思います!!

 

読書が趣味の人や、勉強や仕事で

本を必要とする人が買っているので、

読書に興味がない人は買いませんよね。

 

単純に、その購入する層が

2割という事でしょう。

 

紙媒体と電子書籍の購入メリット・デメリット

 

紙の本は読まなくなったら

売ることができますが、

電子ブックは転売できないですね!!

 

あとは、本棚に並べたりすると、

読書歴の表現になったりしますが、

 

電子ブックは物理的に

飾ることができないです!!

 

え~と、本が好きな方は、

コレクター気質が多いので、

物理的な本への執着が強いと思います。

 

ようは電子ブックは、1次利用のみで

2次利用ができないというのが、

紙との一番の違いでしょう。

 

ちなみに電子ブック先進国である

アメリカでも15年度の時点で

売上は失速しているそうです!!

 

それに関しては次回、

お話したいと思います。

 

アメリカはビジネスにおいても

最先端をいっていますので、

 

サイモン・シネックの

マーケティングを学んでおきましょう!!

 

○○○☆今日の一言★○○○

~何があっても諦めない!!~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>