10898105_588869017917317_7433710337517478829_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在14位 / 248人中)

最近ではあまり話題にのぼらなくなった

電子ブックについてのお話です。

 

電子ブック先進国である

アメリカでも15年度の時点で

 

売上が失速していることに関して

お話したいと思います。

電子ブック登場で

出版界全体がパニックに!!

 

紙の本の売上は落ち、

書店は営業を維持するのが

大変だった時代がありました。

 

現在は、電子書籍に飛びついた人たちが

紙の本に戻っています。

 

または電子と紙の両方を購入する

ハイブリッド型が増えている状態です。

 

2015年アメリカでは、

最初5ヵ月間で電子書籍の売上は

10%落ちています。

 

タブレットやスマートフォンへと

移り変わっていくと一緒に、

電子ブック専用機器の売り上げも

急落しています。

 

若い読者は今でも

紙ベースで読む方が好きという

調査結果もあります。

 

紙の本の持ち直しに、

多くの書店の業績が

上向いているという事です。

 

電子書籍を売っていくために

必要なポイントとは!?


_S__9060368 4

年々書籍の販売は

減少傾向にあります。

 

書籍の販売が減るということは、

書店などの店舗数も

減少していくということです。

 

様変わりする環境の中で、

どうすれば電子ブックを

販売していけば良いのでしょうか?

 

え~と、1つのポイントは、

章ごとにコンテンツ化するなど、

ページ数の少ない書籍として

販売することだと思います。

 

スマートフォンの普及で、

時間の概念も変わってきています。

 

日頃のやりとりなども

例えば、LINEやFacebookの

メッセンジャーなどを使って、

やりとりをしています。

 

スマホは、今後もわたしたちの

生活には無くてはならない

存在になっていくでしょう。

 

それによって、まとまった時間が

取りづらくなるという

 

環境を踏まえたコンテンツを

作成する必要性が増してくると思います。

 

2つ目に、

SNSを活用したコンテンツの発信と

コミュニティの作成

 

ソーシャルメディア上に、

専用のページを作成して、

そこで情報を発信していきます。

 

例えば、出版する書籍に関連する

カテゴリーの内容をコンテンツ化して、

SNS上に投稿するなどですね!!

 

う~ん、そういった行動から、

顧客ロイヤリティを高めると同時に、

 

潜在的なお客さんの囲い込みを

行っていくことが重要だと思います。

 

個人でもSNSを育てておくことは大切です。

とくに、FACEBOOKで友達5000人

目的の明確化は必須ですね!!

 

○○○☆今日の一言★○○○

~時代の流れをよむ~

○○○☆★○○○★○○○

生天目 佳高

 

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>