307141_218565078281048_1119808154_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在9位 / 249人中)

お客様に商品を売るとき、

マーケティングについて

考えていますか?

 

4年で業績を一気に伸ばした

DeNAを例に、お話致します。

 

たった3つのポイントを

抑えるだけでいいのです!!

 

売上や利益を伸ばしたいのなら、

「誰に、何を、どうやって」の

3つを考えましょう

 

この3つのうち、どれが一番

重要だと思いますか?

 

実は、どれも同じように重要です。

 

しかし、順番からいえば

「誰に」をまず

決めなくてはいけません。

 

「誰に売るか」を決めれば、

「何を売るか」、「どうやって売るか」が

見えてくるからです!!

 

横浜DeNAベイスターズは

そんなマーケティング手法を

実施しています!!

 

DeNAのマーケティングとは!?


11

4年前、横浜ベイスターズは

DeNAに身売りをしています!!

 

当時の年間観客動員数は110万人でした。

 

DeNAは色々なマーケティング手法を使って

観客数を伸ばしてきています。

 

2016年は181万人になりました。

4年間で65%も伸びています。

 

う~ん、すごいですね。

 

しかも、一試合平均の客席を

埋める率は85%です。

 

これは、全球団の中で

4番目に高い数字です!!

 

チームの成績が悪くても、

観客は増やすことができました。

 

ということは、その分

収入も増えたことになります。

 

年間赤字が30億円だった球団が

半分以上減らせた戦略!!

 

まさに、これが

マーケティングの入口です!!

 

DeNAは、

「30~40代のアクティブサラリーマン」

に絞りました!!

 

決して

「熱烈な野球ファンのおじさん」

ではありません。

 

会社帰りに気楽に

野球観戦をしてもらいたいと、

このゾーンにターゲットを

絞ったのです。

 

顧客ターゲットを絞れば、

次は「何を」提供するかが

見えてきます。

 

プロ野球にとっての

「何を」は、観戦チケットや

関連グッズが思い浮かぶと思います。

 

でも、それは「モノ」です!!

 

「何を」は「モノ」ばかり

ではありません!!

 

「コト」も提供しなくては

いけません!!

 

ベイスターズが提供する「コト」は、

「野球の楽しさ」や

「親子のつながり」です!!

 

この「コト」を考えることが、

マーケティング上大切になります!!

 

「コト」というのは

「テーマ」「コンセプト」

「スローガン」

と言っても良いです!!

 

それを考えることが、

次の「どうやって」につながります。

 

DeNAはまず、開幕6連戦に

12万個のヘルメットを無料で

配ることにしました!!

 

そして、子供は無料招待です!!

 

親子で球場に来てもらい、

楽しんでもらおうという仕掛けです。

 

ターゲットを

「アクティブサラリーマン」としながら、

その子供を狙います!!

 

また、中学生以下のキッズ会員には

オリジナルグラブをプレゼントしたり。

 

さらに、県内の小学生、

幼児72万人に野球帽を配ります!!

 

その上、親子でキャッチボールが

出来るように、試合前に

グランドを開放します!!

 

こういうことができるのも、

横浜を「プロ野球のある街」

にしたいという目標があるからです!!

 

このような仕掛けをした結果、

観客が増えました。

 

○○○☆今日の動画★○○○

ビジネスの5大原則の意識で売上2倍向上!


動画が再生されない場合はこちら
[動画再生]

 

○○○☆今日の一言★○○○

~「誰に、何を、どうやって」

を決めましょう!!~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>