都市伝説ブーム再燃の火付け役を担った人、seki

元ハローバイバイの関暁夫さん。

 

「信じるか信じないかはあなた次第です。」

というフレーズと、斬新な視点から

繰り広げられる都市伝説がウケて、

一大ブームが沸き起こりました。

 

印税とかどのくらいなんでしょう?

20ドル札なんかは関さんが

紹介する前から結構有名でしたしね。

 

ダ・ヴィンチ・コードなどの流行もあり、

時代の流れにうまく乗れた格好でしょう。

 

ブームの最初から盛んに嘘つきじゃねとか、

詐欺師って言われてましたね。

 

いやいや、そもそも都市伝説でしょと。

関さんの紹介する「都市伝説」のジャンルは、

身近な都市伝説から陰謀論、

さらにはトリビアの要素までを含んでおり、

一般的な「都市伝説」からは逸脱したものも多いです。

 

楽しみ方としては、なんか胡散臭いから

鵜呑みにするなとかそんな事ではなく、

エンターテイメントと割りきって

楽しめばいいんじゃないでしょうか。

「ハローバイバイ関」というフレーズが

一般的になっていますが、

実は2009年にコンビを解散しており、

 

現在は「関暁夫」若しくは

セキルバーグという名前で売ってます。

 

本のタイトルも変わりました。

さて、そんな関さんの気になる年収についてですが、

 

都市伝説本の発行部数が

なんと約250万部といわれ、

本の印税は本の

本体価格(1,200円)の1割ですから、約3億。

 

また全盛時にはやりすぎコージーなどでの

露出も多かった事から、

年収は1億の大台に到達していた時も

あったのではないでしょうか?seki2

 

DVDの売れ行きもなかなか良いみたいですし。

コンビ間の収入格差が問題となって

ハローバイバイが解散したのでは、

と世間では噂されていますが、

 

こんなに収入格差があれば

解散も無理はないような気がします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>