尾田栄一郎さんは、ワンピースの作者であり、

ワンピースは、世界中で愛され、発行部数は

76巻の時点で3億2000万部突破の

超人気漫画であります。

 

その、尾田栄一郎さんの年収

がものすごいので、まとめていきたいと思います。

 

まず、漫画家の平均年収ですが、

406万円と言われていて、

漫画家のトップ100は漫画による、

印税が7000万円と言われています。

 

本当の実力社会の為、

年収が0円~数億を稼ぐ人など、

その年収のそうは様々です。

 

やはり、売れていない人の方が多いので、

平均すると406万円になるそうです。

 

尾田栄一郎さんの収入源ですが、

やはり、単行本の売上の印税収入が、

約14億円くらいで、

 

原稿料

(連載漫画の1ページ5万円×1話20ページ×48週)で4800万円、

 

その他にも、アニメ1回の放送につき30万円、

映画1本100万円で、1600万円、

 

その他、キャラクター使用料が小売価格の

1%~5%で15億円、これらを合計すると、

約30億円超えの年収になるそうです。

 

30億円が漫画家にとってどれくらい凄いかですが、

ドラえもんの作者の藤子不二雄さんの

年収は約5億円と言われていましたので、

それを考えると、凄さがわかると思います。

 

しかし、漫画家という仕事は、

命を削って仕事をするような仕事ですので、

これだけの金額を稼いだとしても、

普通の人であれば、耐えることが

出来ない仕事だと思います。

 

本当に漫画を書くのが好きでなければ、

続けることは難しいように思えます。

 

漫画家は、力士よりも寿命が短いと言われていて、

40代で半分くらいの漫画家が

命を落とすとも言われているくらい、

編集者のノルマが本当に過酷で、

かなりハードな仕事で、食生活の偏り、

ずっと座っていることによる運動不足など、

本当に普通の仕事よりもかなり過酷なようです。

 

尾田栄一郎さんクラスになれば、

編集者からのノルマなど、

どのようになっているのかわかりませんが、

毎週月曜日にジャンプは発売されますので、

それに合わせて毎週書き上げないといけませんので、

それはそれは、かなり時間に

追われているのではないかと思います。

 

ですが、多くの日本国民にとって、

ワンピースは生活の一部になっている人も多いですし、

ストーリーの半分が終わるまでに10年を要していますので、

更に10年はストーリーが続くことが考えられますので、

これから、健康に注意して、これからも

ワンピースを書き続けてほしいと思います。
年収は30億円以上稼いでいるかも知れませんが、

それ以上に、私たちに多くのものを

ワンピースを通して与えてくれていますので、

本当に長生きしてほしいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>