バラエティーのリアクション芸人としてdegawa2

お馴染みの出川哲朗さんの給料が

 

意外と安いということで、

その理由をまとめていきたいと思います。

 

まず、出川哲朗さんですが、

昔はテレビの制作費がかなり高かったこと、

 

そして、BPOなどによる規制などが

あまり厳しくなかったことから、

ものすごく体をはっての芸をしていました。

 

動物の本物のくまと戦うというような

本当に危険な内容の仕事も多くこなしていました。

 

昔のテレビは面白かったと言われますが、

予算の削減などで、

 

今はしょうがない部分もありますが、

テレビバブルの時から、出川哲朗さんの

給料はあまり変わっていないそうです。

 

テレビの企画で、月収何百万円とまでは

出川さん本人が言っているそうなのですが、

正確な金額はわかりません。

 

雨上がり決死隊の宮迫博之さんは

月収800万円くらいらしいのですが、

その8分の1くらいではないかと思います。

 

出川さん本人が言っていたのですが、

レギュラー番組を持たなければ、

なかなか高級な給料はもらえないそうです。

 

ゲストでは、安い。

それがテレビ業界の現状だそうです。

 

また、出川さんといえば、鼻に

ザリガニのハサミで挟まれる芸などありますが、degawa

 

あの芸は手当が2000円などつくくらいで、

体をはっているにしてはとても

安い金額だと本人は述べていました。

 

その他にも昔の人気番組で、

電波少年という番組があったのですが、

 

ゲイ・バーに突撃するという、

相当な過酷なものがあり、おしりを

さんざんもて遊ばれたのにそのロケの給料は10万円。

 

また、お笑いウルトラクイズという番組もあったのですが、

2日のロケで10万円など本当に

 

過酷な撮影をしているにもかかわらず、

かなり安い金額だと思います。

 

ギャラは安かったらしいのですが、

お笑いウルトラクイズには特別手当があり、

 

小麦粉ゾーンに入ったら3000円、

ろうそくを被ったら5000円などの

特別手当が用意されていたそうです。

 

まあ、普通の人からしたら、

月収100万円以上はもらっているでしょうから、

羨ましいとは思いますが、

 

本当にクマと戦ったりしていて、

命の危険があるのに対する

ギャラとしては安いのではと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>