13613_504774066326813_6437463151788126942_n

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。

(現在25位 / 249人中)

こんにちは、生天目佳高です。

 

今回は

「アイデアを盗む」ことについて。

 

盗むといっても盗作する

という意味では決してありませんよ(笑)

 

このことをiphoneを例に

見ていきましょう!!

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~2月28日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

 

20160423061945

「スティーブ・ジョブズ」から

ヒット商品の開発極意を学びます

 

「アイデアを盗む」というと、

 

えっ!?パクリですか??

と思うかもしれません。

 

可能であれば、

オリジナルのものを開発して

 

世の中に広めていくに

越したことはありません。

 

ただ、何かを成功させる上で

「アイデアを盗む」ということは

非常に合理的といえます

 

「スマートフォン」を例に挙げますと、

スマホを一番はじめに開発した企業は

 

実は、アップルではありません。

「ノキア」という会社が、1996年に

 

「Nokia 9000 Communicator」

を発表しました。

 

しかし、皆さんはこのことを

ご存知でしたか???

 

今では、やはり、

「スマホの会社といえば」

 

多くの人が恐らく「アップル」

と答えるのではないでしょうか。

 

アップルは、2007年に発表し

スマートフォン市場を

席巻していきました。

 

アップルは、

スマートフォンのアイデアを盗み、

改良を加えてiPhoneを開発したのです

 

アイデアを盗むことは

非常に合理的です

 

これだと、

少し勘違いされるかもしれませんね。

 

「アイデアを盗む」

という言葉の響きが良くないなら、

 

「アイデアを真似る」

と言い換えてもいいかもしれません

 

「真似る」と「学ぶ」は

同じ語源と言われています

 

つまり、「真似る」ということは

「学ぶ」ということになんですね。

 

「学ぶ」であれば

言葉の響きはいかがでしょうか(笑)??

 

競合他社から盗めるものはないか

といったように

 

アンテナを

張り巡らすことは非常に重要です。

 

どうしても自社にばかり

目が行きがちになってしまいますが、

 

外にも目を向けて

競合他社の調査をすることが大事です。

 

しかし、

ただ単にアイデアを盗むだけでは

いずれ限界にぶち当たります。

 

そのときは「プラスα」の

付加価値を付け加える必要があります。

 

アップルは「スマートフォン」に

「デザイン性」を加えて

iPhoneをヒットさせました。

 

もちろん、

性能や機能が優れている

という面もあります。

 

しかし、それ以上に

「デザイン性」にこだわったことが

 

消費者に受け入れられた

といわれています。

 

いずれにしても、

まずは「アイデアを盗む」ことが大事です。

 

その上でプラスαの付加価値

加えていきましょう。

 

iPhoneのようなヒット商品が

生まれる可能性は飛躍的に高まります。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~付加価値を加えてオリジナルにする~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>