12195993_737956469675237_6290700498868896264_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在12位 / 264人中)

今日のお話は、教育論と

ビジネスの関係性に関してです。

 

【怒鳴り注意する教師と相反した

時のビジネスに関連する】

 

うちの両親は父・母とも教師であり、

わたしも教員免許を持っています。

 

大学4年生の頃に中学校の

教育実習をしました。

 

その時に、担当した生徒に、

「人生とは!?」「勉強とは!?」

 

というお話をしたら、その担任クラスの

先生に注意されました。

 

「まだ子供には勉強とか人生なんて

話をしても速いです。意味がないです」

 

この先生は怒鳴ってしかって、

体罰系で生徒を校正させるタイプの人でした。

 

ですので、自分とは相反するので、

教育実習の4週間は微妙に嫌でしたね。

 

ただ、中学生、14歳、15歳のころって、

1番、思春期な頃なので、勉強の

ノウハウだけ教えてもダメだなぁ~~

っと思いますね。

 

【教え方のノウハウの前に、勉強のやる気を

構築するマインドの根本論から

学ぶ必要があります】_S__15089671

 

要は勉強が嫌い、勉強する時間を

確保出来ない生徒もマインドセットが

ぶれていると思います。

 

何故、勉強が嫌いになるのか。

授業の時は寝てしまうのでしょうか。

 

それを改善するのが、道徳の授業であったり

するのかもしれないですが、自習にしたり

意味はないですね。

 

ですので有名な起業家でも、

学校を一週間で退学したとか、

そういう伝説的なお話も聞きます。

 

わたしも「とりあえず、高校・

大学は出てしっかり学ばなければ」

と、思いました。

 

【社会に出たら、中学・高校の勉強が

意味のないものと感じるでしょう】

 

社会に出てみると、勉強のことは

一切関係ないです。

 

それはただ、受ける寺子屋スタイルの

座学の授業では意味がないですね。

 

それよりも自立して、求められるのは、

コミュニケーション能力、

レスポンス、地頭、スピード、

仕事の能力、創造性、など多岐にわたります。

 

例えば、このような場面はありませんか?

学校時代に座学で普通に授業を受けているのに、

いざ、自分の発表になったら、

緊張が高まったなど!?

 

あとは数学、各教科の授業で、突然、

答えをささせれて、緊張が増すなど。

 

しかし、この緊張感こそが、とても

社会的な成長段階が必要とされるものです。

 

ぜひとも、そうだったなぁ~~。

っと思い返してみては如何でしょうか?

 

下記も合わせてご覧下さい。

youtube集客で注意する点! 

○○○☆今日の一言★○○○

~ゾーンと呼ばれる緊張感を味わう~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://ow.ly/3yhlgP
↑
【実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出、

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式ハイパーメールマガジン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>