10645266_590043437799875_1432079544650109591_n

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在24位 / 249人中)

こんにちは。生天目佳高です。

 

気づけばもう2月ですね。

2017年も早1ヶ月が

過ぎようとしています。

 

これをもう!?

と感じるか

 

まだ大丈夫でしょ!?

と取るかで、

 

その後の人生が

変わってくるのではないでしょうか。

 

今回は、短い期間でもできる

有効活用方法を紹介します。

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~2月28日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

 

20150830110922

4時間あったら何をしますか?

 

1日24時間。

これは誰にも平等に与えられたものです。

 

それをどう使うか??

もちろん、100%全部

 

自分の思うままに使うのは

なかなか難しいでしょう!!

 

お勤めのある方は、

平日の日中は勤務時間になるでしょう。

 

往復の時間などなどを差し引くと、

10時間以上は消えると思います。

 

とりあえず14時間残ったとして、

次に睡眠時間を引きましょう。

 

6時間ぐらいにしましょうか。

残り8時間です!!

 

家族のためや地域のために

使う時間が半分とすると、

 

4時間ぐらいはなんとか

自分の時間に使えるかもしれませんね

 

1日24時間のうち6分の1は、

なんとかして自分の時間として

使えるかもしれません

 

「え~~!?そんなの無理!!

せいぜい30分取れたらいい方。

 

それも2日に1回ぐらいです!!」

そういう方もおられるかもしれません

 

1日の6分の1を

全く自分の好きなように使う、

 

というのは

なかなか難しいことではあります。

 

もう2月?それともまだ2月?

 

1月をそのまま過ごすと、

2月はあっという間に過ぎてしまいます。

 

そして、2ヶ月という期間は、

1年間の6分の1の期間。

 

この6分の1の期間を意識して、

「自分の為に使う」ということを

 

考えてみるのも

悪くないと思いませんか??

 

実際にはすべて自分のために

使えるわけではありません。

 

1日4時間でも

四苦八苦だと思いますが、

 

「どうせ無理」のままでは

ずっとゼロです!!

 

それなら、

「4時間くらいならこれをやろう!」

というのを決めてみませんか??

 

資格試験の問題集を1冊やりきる

ビジネスツールを一つ身につける

 

長編小説をじっくり読む

ダイエットで体重を落とす

 

少し時間をかけて、

コツコツやるものがいいですね。

 

一度には終わらないけれども、

じっくり取り組んで、一つの成果を残す。

 

今日からスタートすれば、

4月には一つの成果を手にしている。

 

そう思うと、

少しワクワクしませんか??

 

そのワクワク感を大切にして

目標達成してみてください!!

 

○○○☆今日の一言★○○○

~短期で目標達成をしていこう~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>