12540965_762750270529190_847958283786265136_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在10位 / 249人中)

今回は、自分自身の印象を

操作するための「微笑み」の

作り出し方についてお話致します。

 

人間関係で一番重要な印象!!

その印象を変えるのは気分です!!

 

印象が大事な理由は、

そこから相手の「気分」が

生まれるためです!!

 

「また会いたいな~」と

相手が思えば自然と良い

人間関係を築けます!!

 

この気分は、相手の

論理的思考の結果として

生まれるものではなく、

感情から生まれるものです!!

 

そしてその分岐点は、

相手の良い気分の比率が

1%だけ悪い気分に対して

上回れば「総じて良い気分」

になるという事でした。

 

比率にすると「51:49」です。

 

前回のここまでわかれば

次のステップです。

 

この比率へと良い気分を

持っていく為に

どう印象操作すれば良いのか、

 

ということが

分ればいいわけです!!

 

自然な笑顔と作り笑い


20151128105903

「また会いたい」と相手に

思わせる為に必要な道具として、

今回は「自然な笑顔」を

使いましょう!!

 

笑顔には「自然な笑顔」と

「作り笑い」の

2種類があります!!

 

この2つの笑顔の差は

思考を通しているかです。

 

思考を通した笑いが

作り笑いになります!!

 

その流れというのが、

下記です。

 

「情報が入る」→「思考する」

→「運動中枢が単体で表情筋を

動かそうとする」

という流れになります。

 

この流れで作られる笑顔は

不自然でぎこちないです!!

 

自然な笑顔を

コントロールしているのは

情動や気分になります!!

 

「情報が入る」→「感情が発生」

→「笑顔が自然発生」

という流れです。

 

自然な笑顔がカギになります!!

 

上記でロジックは

わかったと思います!!

 

あとはどうすれば

自然な笑顔を作りだせるのか、

ですね!!

 

要は印象とは感情や気分で

発生するわけです!!

 

相手に会う前に予め相手に対する

良い気分や感情を

生み出しておけばいいのです!!

 

その良い気分があなたの

自然な笑顔を作りだし、

 

相手に伝わって良い印象を与え、

相手の気分を良くする、

というサイクルが生まれます!!

 

だからこの問題はどうすれば

自然な笑顔を作りだせるか?

 

ではなく、どうすれば

相手に会う前に

 

「相手に対する良い気分」を

あなた自身の中に生み出せるか、

という事になります!!

 

これは気分ですから

イメージです!!

 

イメージを作るのは

言葉になります!!

 

だから相手に対する

ポジティブな言葉を準備しておけば、

 

相手に会った時、

自然な笑顔が生まれます!!

 

例えば、

「○○さんが世界で一番

幸せになることを

心よりお祈りしております」

 

この○○にあなたがこれから会う

相手の名前を入れてあげて、

会う前に何度も唱えてあげると

効果抜群です!!

 

この時の目的は

イメージの立ち上げなので、

 

ただ口で唱えるだけではなくて、

その声をしっかり

自分の耳で聞きましょう!!

 

そして、手で書いて体を動かす事に

よってさらに効果が増します!!

 

自然な微笑みを発生させる為には、

前準備が必要です!!

 

相手を良い気分にさせるのも、

自分がなるのも、あなた自身が

 

この気分を立ち上げる事が

出来ているかどうかに

かかっています!!

 

人間関係に迷いのある人は、

自分の気分を操作できる

 

自然な笑顔を手に入れてみては

いかがでしょうか!?

 

○○○☆今日の動画★○○○

流行色マーケティング

背景の変化で商品が売れる??


動画が再生されない場合はこちら
[動画再生]

 

○○○☆今日の一言★○○○

~自然な笑顔で生きましょう!!~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>