img_3771☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。

(現在27位 / 249人中)

こんにちは。生天目佳高です。

 

現代は、モノがあふれている時代

買うことには困りませんが、

 

売ることとなると

なかなか売れなかったりします。

 

そんな時代だからこそ

マーケティングが重要になってきます。

 

今回の内容は、

「差別化」についてです。

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~3月31日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

14907108_920737804730435_7784988529758022043_n

モノが売れない

と言われる現代

 

マーケティング戦略の中において、

商品やサービスを

 

どのように位置づけて、

差別化をはかっていくか、

 

これを考えることが

非常に重要になっています。

 

これを「ポジショニング」

といいます。

 

具体的には、

1.顧客の中に明確で

価値あるイメージを作り出す活動

2.製品コンセプト

3.製品の特徴

 

と言い換えると

わかりやすいかもしれません。

 

ポジショニングを成功させるために

大切なことがらとして、

 

4つのポイントを

挙げることができます。

 

1.誰のためのモノなのか

 

顧客像(ペルソナ)が

明確になっているかどうかを

しっかりと確認しなければいけません。

 

ペルソナ設定が不完全だと

対象となる顧客像がぼやけてしまい、

 

商品・サービスの差別化

徹底できなくなります。

 

2.何が魅力なのか

 

顧客にとって重要な価値を

提供することは重大なポイントです。

 

製品にいろいろな機能が

付いているというだけで、

売りになる時代は終わりました。

 

顧客がその商品・サービスを使うと、

どんないいことがあるのかを

 

徹底的に考え抜くことが

大事になってきます。

 

3.わかりやすいか

 

明快で明確な

コミュニケーション・メッセージが

 

含まれていることも重要です。

カタカナの説明ばかりで、

 

結局何を言いたいのか

さっぱりわからない

ということでは困るわけです。

 

説明の時点で、

顧客にすぐに機能や魅力、

 

価値を理解してもらえる言葉を

用いることが肝要です。

 

4.これまでと矛盾しないか

 

既存の製品や自社の

ブランディングと矛盾せず、

 

しっかりと整合性が

取れているかどうかの

確認も怠るべきではありません。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~差別化をしっかりとはかる~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>