s__39100428

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在31位 / 249人中)

こんにちは、生天目佳高です。

 

上司や先輩からのアドバイスも、

実はまったく役に立たない…

 

なんてことはよくありますよね。

 

売ることばかりに

目を向けたアドバイスほど、

 

その人を潰してしまう

可能性があるのです。

 

では、どのようなアドバイスが

ピッタリなのでしょうか??

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~7月31日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

20160423061925

悩める営業マンへ指導のヒント

 

上司や先輩のアドバイスが

バラバラなので、

 

結局どれをやっていいか分からないし

感覚で話すのでいまいちピンと来ない

 

そういった意見を多く聞きます。

 

なぜ上司や先輩の

アドバイスが響かないのか??

 

それは結果だけにフォーカスされた

アドバイスだからです!!

 

つまり、目先のことしか

伝えていないのです。

 

営業の本質からズレたまま

下手なアドバイスをすれば逆効果です

 

アドバイスする側は、

成果の上がらない営業マンや

 

実力を発揮できないまま

くすぶっている営業マンに対して

 

「伝えるべきこと」「教えるべきこと」

はなにか??

 

というものをしっかりと

身に付けておかなければなりません。

 

そのためには、仕事に対する意義を

きちんと理解させるように

教えてあげなくてはならないのです

 

単純に「うちのやり方はこうだから、

君もこうすればいいんだよ」

 

なんてマニュアルを作り、

その通りに推し進めても

 

同じように良い結果が

得られるとは限らないのです。

 

根がまじめな営業マンほど

全てそれらが正しいものと思え、

 

自分に出来ないのは

自分に非があるからだ、

と、自責の念にかられます。

 

そして、それらがプレッシャーとなり

ストレスばかりが溜まるように

なっていくのです。

 

さらには、そうしたストレスが

個人の「らしさ」を奪い、

 

営業の質、そのものを

落としていくのです。

 

そうなれば最悪の循環で、

強引に売り込みをかけてしまいます!!

 

結果、会社にとっても

その営業マンにとっても

お客さんにとっても

 

決して良いことなど

なに1つ無いのです。

 

たとえば、営業ロープレ、

厳しい言い方ですが、

 

あれらのほとんどが、

ほんとの教育でもなんでもなく、

 

会社やお客さんにとって、

喜ばれる人財を生み出せません。

 

研修云々の前に、本来最も伝えなくては

いけない事があるのです

 

それを伝え教えていくのが

経営者や管理職の仕事です。

人材を人財にする為の教育です。

 

営業マンのみならず、

社員みんながイキイキと

 

働けるようにする為に

伝えるべき事、

 

教えなければならない事とは

一体どんなことでしょうか??

 

○○○☆今日の一言★○○○

~本質をアドバイスする~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>