s__39100433

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在23位 / 249人中)

こんにちは。生天目佳高です。

 

世間では、一般消費者向けの

マーケティングはたくさんあります。

 

しかし、あまり注目されていないのが

法人向けのマーケティングです。

 

そこで、今回は、法人向けの

マーケティングをお伝えします!!

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~2月28日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

 

IMG_1682

業績好調の営業部と、

そうでない営業部の違いは??

 

この違いは、すばり

マーケティング・ロジックです!!

 

営業組織には、

良い営業マン、

 

普通の営業マン、

悪い営業マン

がいるのが普通です。

 

悪い営業マンは

さぼってばかりで何もしません。

 

普通の営業マンは、

がんばってはいますが、

 

むずかしいことばかり

している割りには、

並みの成果しか上げません。

 

良い営業マンは、

当たり前のことを実行し、

 

効果の高いポイントを

攻めて実績を上げます!!

 

う~~ん。このような営業組織を、

マーケティング・ロジックを使って、

 

底上げをはかることができれば、

売り上げを大幅にアップできそうです。

 

売上ポテンシャルの高いお客ほど、

訪問回数が増えていません

 

訪問先を営業マンの判断に

丸投げしてしまうと、

 

競争率の高いお客は

訪問しにくくなる傾向があり、

遠ざかってしまうのです。

 

そして、小さなことにうるさく、

かつ、浮気をしないお客に対する

 

訪問頻度が上がる

という傾向があります。

 

え~~と、これは、ただ単に

営業マンが悪いという話ではなく、

 

営業組織にしっかりとした

戦略がないことに問題があります!!

 

以前にも紹介しました

売上=客数×購入金額

 

という式が成り立ちますが、

ここではさらに、

客数を分解してみましょう!!

 

客数=

ターゲット数×商談率×クロージング率

 

法人営業の場合だと、

得意先はだいたい決まっていて、

 

商談率は

営業の量に比例し、

 

クロージング率は

営業の質に比例すると言えます。

 

売り上げの伸びが悪い原因が、

量なのか質なのかを知ると、

適切に対応することができます。

 

優秀な営業マンは、何か特別な

才能を持っているのではありません

 

営業の量と営業の質を高める

努力をしているのです。

 

そして、効果の上がりやすい

お客を優先的に訪問します。

 

マーケティングには、

「集中する」という考え方が必要!!

 

闇雲に訪問していても、

成果は上がりません。

 

誰をどのくらいの頻度で訪問し、

どのようにアプローチすれば

 

売り上げにつながるのか、

常にそのことを意識するのが

マーケティングなのです。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~法人向けマーケティングを攻略する~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>