1

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在24位 / 249人中)

こんにちは。生天目佳高です。

 

マーケティングは

ビジネスの肝です!!

 

そのため、

絶対に失敗はしたくありませんね!?

 

ということで、今回は

その肝を、7パターンに分けて

 

前編と後編に分けてお伝えしていきます!!

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~2月28日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

 

11070962_635760253228193_9183733137423492518_n

マーケティングとは集客!!

顧客の心をつかむ取り組みが必要!!

 

お客には7つのパターンが

あると言われていて、

異なる購買心理を持っています。

 

そのため、商品やサービスの伝え方も

それぞれについて変えていきます。

 

7つの客層を理解し、

客層ごと、購買心理ごとに

 

ぴったりはまる

キャッチコピーを提供しましょう。

 

(1)ファン客層

ファン客層は、会社のコンセプト、

スタッフの人柄などを理解し、

 

サービスのクオリティすべての

ファンだというお客です。

 

口コミで新規のお客を

紹介してくれることもあり、

この客層は絶対に手放してはいけません

 

2割のお客が売り上げの

8割を占めるといわれています。

 

ファン客層求めているのは「個別対応」

つまり「特別待遇」ですから、

「一見客と同じ扱い」をしてはいけません

 

ファン客層が

売上の大部分を占めている

という認識を強く持ちましょう。

 

(2)上得意客層

サービスのクオリティなどを理解し、

満足してくれているお客です。

 

この客層には、「あなただけ」

という演出が効果を発揮します。

 

売り上げを増やしたい場合、

最も効果の出る客層が、

ファン客層と上得意客層です。

 

売り上げを追求するあまり、

これらの層に嫌われるセールスをすると

 

とんでもない結果に

陥る可能性が高くなります。

 

(3)浮遊客層

この客層はむずかしいお客です。

 

他のサービスも利用しているため、

目が肥えています。

 

不平不満を言う場合もあるので、

アフターサービスのコストがかかります

 

この客層を、上得やファンに

引き上げられるかどうかが、

 

マーケティング戦略上の

キーファクターになるのです。

 

また、この客層は、競合の情報を

提供してくれるお客なので、

差別化のヒントを与えてくれます。

 

この客層からの意見は重要であり、

この客層に対しては、

 

常に「新しい価値」を

提案し続ける必要があります。

 

後編では、

残りのパターンをお伝えします。

 

残りも非常に大切なことなので

ぜひ合わせてご覧ください!!

 

○○○☆今日の一言★○○○

~差別化で差を付ける~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>