s__37445652

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在21位 / 249人中)

こんにちは。生天目佳高です。

 

マーケティングを研究していくと、

マーケティング戦略についても

考えるのが自然な流れです。

 

ここでは、

その「戦略」の部分を、

 

「目標達成のためのプロセスの最適化」

 

と定義したうえで、

そのプロセスを見ていこうと思います!!

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~3月31日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

S__28327942

コトラーが考案した

マーケティングの枠組み

 

まず、用語が3つ。

Segmentation(セグメンテーション)

Targeting(ターゲティング)

Positioning(ポジショニング)

です。

 

これら3つの言葉の

イニシャルを取って、

 

「STP分析」

と名付けられた方法があります。

 

この分析の基本は、

視点を消費者に置く

という考え方にあります!!

 

今はモノが売れない時代、

選んで買ってもらう時代

 

え~~っと、かつては、作れば売れる

メーカーが主役の時代でした!!

 

しかし、今は作っただけでは

モノが売れない時代。

選んで買ってもらう時代になっています

 

つまり主役は、

企業から消費者になったのです!!

 

う~~ん。

だから、視点は消費者です!!

 

消費者の好みは

日々多様化しています!!

 

いろいろな消費者に

満足してもらうために、

 

市場を複数の

セグメントに分割します。

 

市場をある基準に

もとづいて細分化し、

 

共通ニーズのグループに

分割することを

「セグメンテーション」と呼びます。

 

基準としては、

次の4つがよく使われます!!

 

1.地理的分割

(国、都道府県、都市、市町村など)

 

2.実態人口統計による分割

(年齢、性別、家族構成、教育水準、

職業、所得、世代など)

 

3.心理的傾向による分割

(ライフスタイル、価値観、

性格、嗜好、購買動機など)

 

4.行動(状況)による分割

(顧客の状態、購買準備など)

 

なぜこのように分けるのかというと、

理由は簡単で、

 

「万人向けの製品・サービスを

作るのが難しいから」なんです。

 

個人の価値観が

多様化している現代では、

 

このように人の特徴を

細かく分析していかなければ、

ビジネスで失敗してしまいます!!

 

○○○☆今日の一言★○○○

~セグメンテーションを考える~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>