s__39100434

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在25位 / 249人中)

こんにちは。生天目佳高です。

 

この場合、どこまでが

ギリギリだろう

 

コストや、納期など、

ビジネスの現場で判断を迫られる

「限界点」の数々。

 

それらを正しく知って調整できれば、

もっと肩の力を抜いて仕事が

できるかもしれません。

 

今回は、そのスキルはどうやって

身につくのかをお伝えします。

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~6月30日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

S__28327940

常にどこまでならいけるか、

という読みをしておくべき!!

 

どんな場合にも限界点を

超えてしまったら

 

取り返しなんてつきません。

なので、その読みは数字が登場する

 

あらゆる場面で行えるので、

日々訓練しておきましょう。

 

例えば、締め切りの日付けや

時間が出て来たら、

 

「ギリギリまで延ばしたら

いつまで大丈夫なんだろうか?」

 

と考えてみてください。

初めのうちは当たりませんが、

 

やっているうちに

ドンドン精度が上がっていきます!!

 

これが分かると効率よく仕事が

出来るようになります。

 

いつでも全力疾走している人は、

この感覚を養うと良いと思います。

 

次に大事なのは、この許容差、誤差を

利用した時の関係者の反応です

 

許容差が存在することと、それを

あなたが使うということは別問題です。

 

そもそもそれを使うことを

許してくれないかも知れません。

 

でも別の人ならOK

ということもあります。

 

誰がどの程度耐性を持っているのか

それを知らなければ、

これを使った時に揉めてしまうのです。

 

それを理解した上で、どうやって

そのギャップにアクセスするか??

 

という方法論を考えるわけですね。

ここが調整能力となるわけです。

 

これは権力を使う人、泣き落とす人、

相手を持ち上げて納得させちゃう人、

など様々なタイプが存在します。

 

ここはどれが良いかではなく、

自分が一番使いやすいワザは何か??

 

で考えたらいいかと思います。

ですからここは、

 

自分はこのやり方でスキルを高めよう

というのを決めて、

それを磨いた方が良いと思います。

 

そしてこれまた、

相手のある話ですから、

 

調整すべき相手によって

臨機応変に変える必要もあるんです。

 

ホントは権力を使うのは

好きじゃ無いんだけど、

 

この人にはそう言った方が話は早いし、

納得感も高いんだよね、

ということもあるんです。

 

つまりこの問題は、

限界点を探るのと同じく、

 

日常のビジネスにおける

観察力の問題なんです!!

 

人や仕事をどのレベルで

観察しているのかで

 

どちらもあるレベルに

なれちゃうんです。

 

だから漫然と仕事をしたら

ダメなんですね!!

 

○○○☆今日の一言★○○○

~漫然とビジネスをしない~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>