11390139_671773142960237_3628497568651499575_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在12位 / 264人中)

以前とてもNTPで実績を出した、

M田さんとお食事会をしていました。

 

Mさんは今では土日はゲスト講師として、

セミナーで呼ばれたりと多忙です。

 

色々な意味で成長・成功をして頂けたので、

わたしもとても嬉しいです。

松井秀喜からコツコツ論を学ぶ

今回は松井秀喜さんについて

お話致します。

 

わたしの大好きなプロ野球選手の

ひとりです。

 

彼は1990年代から2000年代の球界を

代表する長距離打者ですね。

 

日本では読売ジャイアンツで

大活躍致しました。

 

さらに、メジャーリーグでは、

ニューヨーク・ヤンキースなどで

活躍していますね。

 

2007年本拠地マリナーズ戦で

日本人メジャーリーガー2人目となる

日米通算2000本安打を達成しています。

 

引退後の2013年には

国民栄誉賞を受賞しました

 

 

【松井秀喜のピンチをチャンスに変え、

追い風にしてしまうスーパー技術とは!?】
12006113_717572735046944_7374801539283843588_n

 

今でも、わたしが知っているのが、

本拠地ヤンキー・スタジアムで行われた

レッドソックス戦でのお話です。

 

その試合で、浅めの外野フライを

滑り込んでキャッチしようとした際に

グラブが芝生にひっかかり左手首を骨折した事です。

 

このケガについて、松井秀喜さんは

下記のように話しています。

 

「非常に大変な1年だったことは

間違いありません。」

 

「正直言って、手首の状態は

完璧ではないし、これからのことを

考えると不安にもなります。」

 

「しかし、難しいことを言うようですが、

その苦しみやつらさこそが、

生きている証ではないでしょうか。」

 

「僕は、生きる力とは、成功を続ける力ではなく、

失敗や困難を乗り越える力だと考えます。」

 

つまり、傷跡などは人間の勲章であり、

それは努力した、かけがえのない証だと

言うことです。

 

これが松井秀喜さんの

マイナスをプラスに変える

思考法ですね。

 

引退を決意するまでの野球人生は、

この考えがあったからこそ、

 

今までのスランプやケガをしても

諦めず野球選手を続けていたのだと感じます。

 

う~~~んと、せっかくなので、今、

あなた自身に当てはめて

考えてみましょう!

 

「今までどんな嫌なことがありましたか!?

それに対してあなたはどのような対処を

しましたか!?」

 

何か失敗や困難が起こっているのなら、

諦めず乗り越えていかなければなりません。

 

その力を身に付ける事を意識してみましょう!

とても大切な思考です。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~傷跡は生きている勲章です~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円32人以上も成功者を出した、

生天目式ハイパーメールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>