10003919_664474547023430_7800700882911052691_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在20位 / 249人中)

ひとりひとり、その人にあった指導をしています。

そうじゃないと人は成長しないですね。

 

最近、映画で観たビリギャルの先生は、

そういう人でした。

 

映画、DVDのビリギャルは、マインドセット的にも

かなりおすすめです。

 

大切な真の財産・資産を増やす事を

考えてみましょう

 

ただ、説明の前にひとつお話しします。

資産といっても、お金だけではありません。

 

具体的に話せば、人、人脈、不動産、

家族も大切なかけがえのない財産でもあるのです。

 

そういう多角的な視野も忘れずに

聞いてくださいね。

 

まずは資産形成の方程式を

確認してみましょう。

 

資産形成=(収入-支出)

+「資産×運用利回り」

(収入-支出)が純利益です。

 

これに、「資産×運用利回り」

というものが加わります。

 

ここでいう資産というのは、

将来的に収入が手に入ることに

ポイントをおきます。

 

資産からの収入は、

労働の収入とは違うと認識しましょう。

 

例えば投資もそうです。投資金額が増えれば

増えるほど大きくなります。

 

下記に例を示します。

 

年間で投資額の10%が

回収できると仮定しましょう。

 

100万円投資すれば、翌年には

総額10万円増えて110万円です。

 

しかし、その10万円を更に投資すれば、

2年目は110万円投資した事になります。

 

その次の年には、11万円足すと、

121万円になります。

 

1年目の収入は10万で、

2年目の収入は11万、

収入が1万円増えています。

 

11751400_694911640646387_1960885752032900059_n

これは「複利」といって、得たお金を

再投資をすることで資産は

勢いよく増えていきます。

 

また、投資金額が100万円の

10%は110万円ですが、

 

1億円の10%はなんと

1000万円にもなります。

 

なので着手金が多いと

それだけ得られる収入も増えます。

 

これが資産から得られる

収入の大きなメリットです。

 

だからこそお金持ちは

これを活かすために、借金で

投資することもあります。

 

収入から支出を引いたお金を、

収入が得られる資産に換えています。

 

この資産には、自分のビジネスや、

さきほどの不動産、株などが該当します。

 

お金持ちになればなる程、

資産からの収入が多く、

労働収入よりも上回っている

ことがほとんどです。

 

なので、誰もが一度は夢抱く

自分が働かなくてもお金を

得ることができています。

 

また、お金持ちもローンを

組んでいる事が多いです。

 

例を示せば、不動産投資で銀行から

融資5億円~10億円受けている人もいます。

 

もちろん消費のためではなく、

投資をして稼ぐためです。

 

働いて返さなくても資産や

他人が代わりに返済してくれる

ローンという事です。

 

借りたお金を上手く使って、

ローンの金利以上のお金を稼いでいます。

 

ただ、借金はリスクを伴うので、

より多くことを学ぶ必要があります。

 

計画を練らずに借金をして行うのは、

投資ではなくただのギャンブルです。

 

お金は動かさないと、幸せになれません。

お金を貯めているだけでは、

それでは単なる精神安定剤です。

 

将来のために貯金も大切ですが、

たくさんの本を読んだり、

 

人付き合いにお金を使って、

自分に投資してほしいです。

 

この自己投資も重要な自分自身の

資産という事になります。

 

お金を知恵にかえて、頭の中に入れておけば、

騙されたり盗まれる心配もありません。

 

お金を貯金ばかりしている人は成長がなく、

無駄に大金を残しても意味がないです。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~仲間・家族を大切にしましょう~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>