11390139_671773142960237_3628497568651499575_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在12位 / 264人中)

よく事件などの裁判で

「懲役○年 執行猶予○年」と言いますが、

これはどうゆう意味なのか。

 

今まで知らなかった方は

知っておきましょう。

例えば懲役2年、執行猶予5年の場合

 

懲役2年(最長で2年の間)

刑務所に入って所定の労働してください、

という意味になります。

 

執行猶予5年=刑罰を直ちには執行せずに、

執行猶予期間中(5年の間に)

 

罪を犯さなければ執行猶予期間が満了した時点から、

刑そのものを帳消しにして無かったことになる、

という意味です。

 

執行猶予は,前科がない者などについて,

3年以下の懲役・禁錮又は50万円以下の

罰金を言い渡すときに付けることができます。

 

また,執行猶予と同時に保護観察に付して,

猶予の期間中,保護観察所の保護観察官や

 

保護司の指導を受けるように

することもあるようです。

 

執行猶予の付いていない刑は「実刑」


6e3d08d7126c3736ff625845ce80ffdd

例えば,裁判で懲役2年の実刑が言い渡され、

それが確定すると,

 

懲役2年の刑が直ちに執行されることになり、

被告人は刑務所で

定役に服さなければなりません。

 

刑罰を科す目的と執行猶予が生まれた考え

刑罰を科す目的としては、

2つあります。

 

①悪いことをすればそれ相応の

苦痛を与えられるべき。

 

②他の者が罪を犯さないようにする。

ことが考えられます。

 

しかし,刑罰には,

犯人のその過ちを自覚反省させて、

 

社会の役に立つ人間として立ち直らせる

という働きもあります。

 

比較的軽い罪を犯したような場合で,

犯人が自分の非を悟り,

 

今後はまじめに生きていきたいと

心に誓っているような時は、

 

もはや刑の執行をする

必要はないともいえます。

 

このような人を刑務所に入れると、

世間の人から特別の目で見られたりして、

 

自暴自棄になり,せっかく

立ち直ろうとした決意が崩れて,

 

かえって以前よりも悪くなる

といった事態も考えられます。

 

そこで,執行猶予の制度が

考え出されたという訳です。

 

執行猶予の制度が初めて

採り入れられたのは,明治38年です。

 

時代と共に適用範囲が広げられ,また,

改善されて現在のような形になっています。

 

これらを知っておくだけでも、

これからニュースを見た時は、

裁判所の考えがよくわかりますね。

 

参考になれば嬉しいです。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~知るだけで

見る視点が変わる~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出、

月収50万円32人以上も成功者を出した、

生天目式ハイパーメールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>