12347813_750205148450369_9106725855120104085_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在12位 / 264人中)

オリンピック選手たちの

収入はどこから来るんでしょうか?

 

スポーツの種類によって変わる

お金事情をお話致します。

スポーツの種類、選手によって

大きく違います!!

 

例えば、浅田真央選手でしたら

スポンサー契約が中心でスケート連盟から

強化選手として補助金をもらっています。

 

スノーボードやアイスホッケー選手、

スピードスケート選手や、

 

スキージャンプ選手の多くは実業団に

所属して社員扱いされながら競技に励んでいます。

 

又、中には警察官や自衛隊に

入っている人もいれば、

 

普通に仕事やバイトしながら

生活費や経費を稼いでいる選手もいます。

 

スポーツ団体から補助金を

もらっている人もいれば

自腹の選手もいますね。

 

ただ、共通点して言えることは、

オリンピックでメダルを取ったら、

 

日本オリンピック委員会からは

金メダルで300万円、銀メダルで200万円、

銅メダルで100万円、貰えます。

 

各競技団体も独自に

報奨金を出すことが多いようです


11057672_718259481644936_2306379617106179743_n

ソチオリンピックでの羽生結弦選手に関しては

日本オリンピック委員会から300万円、

 

さらに日本スケート連盟から300万円の

計600万円が貰えたそうです。

 

中には、スピードスケートの

長嶋圭一郎選手や加藤条治選手が所属する

日本電産サンキョーの会長・永森重信会長は、

 

「金メダルには2000万円、銀メダルには1000万円、

銅メダルには600万円」の報奨金を出すと

コメントして話題になってました。

 

惜しくもメダルを

獲得することはできませんでしたが。

 

それにしても所属する企業や

スポンサーによっても

大きく変わってくることがわかりますね。

 

日本と海外の報奨金を比べてみました

 

世界各国の金メダルに対する

報奨金の高額ランキングを見てみましょう。

 

1位:カザフスタンで2500万円

2位:ラトビアの1920万円

 

日本の300万円は12位ということで、

世界的には少ないというわけでもないようです。

 

アメリカでは、金メダルで

2万5千ドル(約195万円)です。

 

報奨金の額としては

日本より少ないようなんです。

 

さらにこの報奨金に所得税がかかるそうで

最高税率の35%が適用されるみたいです。

 

しかもメダル自体も「海外で得た金品」

という扱いで、やはり35%の課税の

対象となってしまうので驚きです。

 

自国の選手たちが活躍すると

国にもお金が入ってくるということですね。

 

日本では報奨金は非課税だそうです。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~常にノートを持参し、

シンプルに書きとめる~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出、

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>