11709584_695622060575345_8173884718865871597_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在12位 / 264人中)

薬物所持の再犯で有名人が

逮捕されるニュースをよく見ます。

 

「この前あんなに反省していたのに、

なぜまたやってしまったのだろう?」と

不思議に思ってしまいます。

 

今日は薬物依存の恐ろしさ

学んでおきましょう。

強い意志があっても止められない

強い意志がある人ですら、

適切な治療を受けなければ抜け出せないです。

 

また長期間に渡って再依存の可能性に怯えながら、

治療を続けなければならないのです。

 

いままで強い意志と努力で、

人一倍華やかな人生を順調に築いてきた人でも、

 

安易な薬物利用に一生を

狂わされてしまうのはこのためです。

 

元プロ野球選手の清原容疑者も

その一人ですね。

 

覚せい剤による脳のダメージは修復できない

覚せい剤は

「気分がよくなるもの」

「使うとスカッとする」

 

一時的な気分に働きかけるものだと

思っていませんか?

 

覚せい剤の影響は決して

一時的なものではないのです。

 

私たちの脳には、化学物質による

刺激を受けることで、

 

元に戻らなくなるほど

変化してしまう部分があります。

 

最近の研究では、覚せい剤を使用することで、

脳に一種の炎症が起きるという見解も。

 

一度、覚せい剤に手を染めると、

元の身体には戻れなかったり、

 

長期間苦しむことになったりするのは、

薬物使用時と同様の妄想や幻聴などの

症状が突如起きるためです。

 

脳が覚せい剤の快楽を覚えたら

一生を棒にふるハメに


20150604093641

覚せい剤には後遺症があります。

 

覚せい剤により興奮する脳の部分は、

感情(情動)、睡眠、記憶に関係していて、

 

使用することで、幻聴、幻覚や

妄想(被害妄想)を起こします。

 

本人は現実と区別がつかないので、

身に迫る恐怖感を感じますが、

 

客観的に見ると錯乱状態に

陥っている状態です。

 

ごく普通の生活をしていれば

覚せい剤を薦められることはありません。

 

しかし、気晴らしだけでなく、

ダイエットや疲労回復に、

 

大きな効果があるといった謳い文句で、

一般市民に覚せい剤が広まっているのも事実です。

 

特に主婦層に広がっています。

 

「痩せる」「元気になる」という

誘い文句で薬物を薦められた場合、

それこそが覚せい剤の可能性があります。

 

一度の失敗で、長い人生を

薬物依存症治療に費やさないよう、

一人ひとりが警戒していきましょう。

 

薬物に近寄らないよう

注意することが大切です。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~あなたは「忙しい」

と発言する癖がありますか?~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出、

月収50万円32人以上も成功者を出した、

生天目式ハイパーメールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>