img_3768
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在20位 / 249人中)

最近はセントラルウェルネススポーツに

週に3回通っています。明日も行きます。

 

その甲斐もあり、MAX82.7⇒74.8キロ、

身長171センチです。まで落ちました。

 

約8キロ落ちました。これからもジムには、

通うので、ベストな65キロまで落としたい

と思います。

 

今日のテーマは心拍数とダイエットでの

効果のお話しです。

 

健康を維持するためにも、心拍数を把握して

運動することはとても大事です

 

体に負担をかけないためにも

心拍数管理するととても良いのです。

 

健康のためにも心拍数を

測るようにするのがオススメです。

 

あなたに適した心拍数を

計算してみましょう。

 

計算式は記事の最後に

書いておきますね。

 

12801390_784783724992511_2130167065670029346_n

心拍数を意識したダイエットは

脂肪燃焼アップに重要です

 

心拍数が高い運動をしてしまうと

筋肉からエネルギーが発生するので

ダイエットでは非効率といわれています。

 

有酸素運動は痩せてくれる

運動方法なのです。

ランニングなどですね。

 

有酸素運動をして

痩せようとしている人は

とても多いのですが、

実際にこの有酸素運動を

していても痩せない場合があります。

 

実は有酸素運動をして

痩せるために重要なポイントが

心拍数になります。

 

心拍数がどのくらいなのかによって

脂肪燃焼の効率が違ってきてしまいます。

 

心拍数が極端に高くても低くても

脂肪の燃焼効率は下がるのです。

 

ダイエットとして丁度良い心拍数は、

最大心拍数の40%~65%の範囲と

言われています。

 

その範囲を維持しながら

有酸素運動をしてダイエットを

していくと効果的です。

 

最近は心拍数を計測できる

ウォッチタイプがあります。

 

それを用意すれば誰でも簡単に

計測出来るものになります。

 

有酸素運動は最大心拍数の

85%未満としましょう。

 

わたしでもはりきって、

80%を超えてしまいます。

 

これ以上になると

無酸素運動状態になります。

 

要は酸素を吸収するエネルギーに

代わってしまい、脂肪燃焼にいきません。

 

ウォーキングでも同じで、

かなり負担がかかり85%以上になると

無酸素運動状態になります。

 

トレーニングしている場合

これでも良いかもしれませんが、

ダイエットになると違います。

 

無酸素運動になると筋肉にある

エネルギーを使用するため、

脂肪燃焼がしにくいです。

 

逆に65%以上になると

無酸素運動に近い運動になります。

 

これもまた脂肪だけでなく

筋肉のエネルギーを使用するので

なかなか脂肪燃焼をしてくれません。

 

有酸素運動でなおかつ

脂肪燃焼してくれるのが、

40%~65%になります。

 

ダイエットを目的としている

有酸素運動をする場合には、

 

65%未満の心拍数で運動するのが

一番大事になります。

 

全ての人が同じ心拍数ではなく

年齢などによってどうしても

心拍数が違ってきてしまいます。

 

それでは最大心拍数を

計算してみましょう。

 

220から自分の年齢をマイナスすると、

最大心拍数になります。

 

この最大心拍数に×0.4と0.65をすると

脂肪燃焼に適しています。

 

この場合は、76~123.5になります。

 

この心拍数を目安にして

有酸素運動をしましょう!

 

脂肪燃焼をして効果的にダイエット

出来るようになります。

 

これは有酸素運動しないと

痩せてくれませんし、

 

カロリー管理など食事に

気を付けることも大事です。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~脂肪をなくし肝機能も正常へ!~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>