12360135_751791068291777_3117224040229162689_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在12位 / 264人中)

知っていましたか?

過去25年近く、国内の小売業全体の販売額は、

全く伸びていないのです。

 

各業態や各企業で、

パイの奪い合いをしています。

 

ですが、Amazonなどインターネット通販を

中心とした無店舗販売の勢いは止まりません。

小売業の人事・給料の特徴について

店舗系小売業のコストにおいて

大きな割合を占めるのは人件費です。

 

Amazonのように無店舗販売では

商品説明や販売業務がいらないので、

大幅に削減できます。

 

ネット販売が成長すれば、

実店舗にとっては販売額が

低下する事の始まりとなります。

 

小売業の場合、企業規模によらず、

全体的に給与水準は低いです。

 

社員数1000人以上の大手企業でも、

年収が抑えられています。

 

多くても年収500万円前後です。

 

大手小売業というと百貨店のほか、

イオンやイトーヨーカドーの総合スーパーや、

 

ヤマダ電、ヨドバシカメラなどの

家電量販店などが思い浮かびます。

 

これは、正社員だけの年収です。

 

非正規社員の高い業界なので、

パート・アルバイトまで含めた

 

全従業員の平均賃金は、

さらに低くなります。

 

低賃金体制を解決するには


12801390_784783724992511_2130167065670029346_n

店舗ビジネスは、今まで、

人件費水準を低く抑えることで

利益を確保してきました。

 

その一つが、

正社員よりパート・アルバイトの採用ですね。

 

ですが日本全体の構造的問題から、

正社員重視の流れに変わってきています。

 

国策でも、有期雇用契約の社員が

5年を過ぎると無期契約に

移行することが義務づけされました。

 

短時間労働者に対する

「社会保険の適用拡大」と

「最低賃金の引上げ」も進みそうです。

 

しかし小売業は、人件費水準の

最も低い業界の一つです。

 

社員の給料をこれ以上低く抑えれば、

採用の妨げになったり、社員の

モチベーションを低下させたりします。

 

特に優秀な社員の意欲を低下させるのが問題で、

最悪、転職の可能性もあります。

 

総額人件費を抑えながら、

優秀な社員の賃金を引き上げるには、

 

どうすればいいのかを、

工夫が求められていますね。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~生産性の向上が

求められている~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>