20160416125601☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在15位 / 249人中)

以前、エンターテイメントツアーとして、

新宿ルミネよしもとに行きました。

 

都内でのよしもとは初めてでしたが、

O久保(女性)さん、オードリーさん、

とにかく安村さん、非常に有名な方にお会い出来ました。

 

今日の内容は儲かる会社とは!?

のお話しです。

 

真の「儲かるしくみ」とは!?

 

まずは、そもそも「儲かる仕組み」とは

何かを理解しましょう!

 

その仕組みは、勝てるビジネスモデルと

あとはそれをカバーするマーケティングです。

 

ビジネスモデルというのは、

シンプル簡単にいうと、

「利益の上がる仕組み」ですね。

 

これはもちろんですが、他との競争に

勝てる仕組みでないとダメです。

 

その鍵となる点は、

ターゲットと商品の選択です。

 

さらに価格設定や原価率、利益率、

また今の時代要因を検討して、

 

勝てる業界・ジャンルを選択することも

重要になります。

 

そして、マーケティングというのは、

ビジネスモデルを実現させるための

「売れる(売る)仕組み」のことです。

 

ほとんどの方は「良い商品・

サービスは売れる」と考えるかもしれません。

 

しかし、残念ながら、消費者に

その商品・サービスが「良い」と

思わせないといけません。

 

その情報が優れている事を浸透させることが

出来なければ売れません。

 

実現させるには、集客⇒見込み客フォロー

⇒販売⇒顧客化 という手順を、

 

効率の良い仕組みとして

構築させる必要があります。

 

この仕組みがマーケティングです。

 

勝てるビジネスモデルと

マーケティングは2つで1セットと

覚えておきましょう。

 

どちらか一方だけでは、

儲かる仕組みは完成しないです。

 

934856_546478762156343_7919042265564173129_n

小さくても儲かる会社を

どうやって築き上げるかに

フォーカスしたいと思います

 

この「小さくても儲かる会社」を

作るためには、どう粗利を大きくするかですね。

 

とくにインターネットビジネスの業界は、

少数精鋭が多いですね。

 

ということを日頃から

考える習慣をつけましょう。

 

業種・業態によって、

粗利を増やす方法はいろいろとあります。

 

一番大事なことは、小さな一番を目指す!

ということです。

 

その理由は、大企業と同じリングで

勝負をかけたとしても、

 

「価格」「宣伝」といった側面では

全く歯が立たないためです。

 

「小さな一番を目指す」

ためには、どんなことをやればいいのでしょうか。

 

それは、他社との商品・サービスに

「違い」を作ることです。

 

商品・サービスがどれだけ良くても、

他でも作っているようなものであれば、

なかなか売れません。

 

もし価格戦争になったら、

小さな会社には勝算がないです。

 

そんな訳で「違い」を作る、

その必要があります。

 

欲をいうと、「日本で又は世界で、

唯一あなたにしかできないこと」を

商品・サービスにできれば理想的です。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~儲かるビジネスをしましょう!~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>