10392306_372438099597233_2266370387415936615_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在14位 / 248人中)

家具と言えば、

ベッド・ソファ・テーブルなどが

ありますよね。

 

家具業界は少しずつですが、

伸びを見せています。

 

東日本大震災以降、

丈夫な家具へのニーズが向上

 

え~と、東日本大震災以降は

高級な家具へのニーズが高まって、

 

ベッドなど寝具を中心として

動向に伸びを見せています!!

 

丈夫でしっかりした家具が

見直されているという事ですね。

 

あとは、ベッドの市場が

伸びているのには

今後の高齢化の影響があります!!

 

厚生労働省「日本の将来推計人口」によれば、

人口は減少する見通しですが、

老年人口は増加し続けます。

 

75歳以上の人口は2025年頃までに

2010年比で約50%、人数にすると

約750万人増加する見込みです。

 

また、その後も全体の人口が減少する中、

75歳以上の人口は2,200万人前後の

高い水準で展開すると推算されています。

 

これから、高齢化社会と同時に、

高額な介護ベッドなども

伸びていきます!!

 

今後の少子高齢化の影響を

家具業界も大きく受けていると

言えますね。

 

ブランド力が大きなカギを握る時代


20151220124105

現在、業界の売上げでみると、

1位のニトリが3,876億円、

2位の無印良品が2,206億円、

と大きく売り上げをあげています!!

 

その次に大塚家具で562億円、

島忠が528億円という

売り上げランキングです。

 

無印良品は特に最近

売り上げを伸ばしています!!

 

う~ん、無印良品のブランド力が

力を発揮している証拠です!!

 

家具店、インテリアショップとしての

それぞれのブランドの知名度が

売り上げにつながっていますね。

 

家具もインテリアも合わせた

ブランドとしての魅力が

好調な売り上げを支えています!!

 

売上第1位のニトリの戦略はというと・・・

 

日本で企画開発した商品を

海外で作って輸入することで

 

低価格を実現して売り上げを

伸ばしています!!

 

まぁこれは、日本でのデザインと

企画開発のセンスの良いものを

海外で安く作るという手法ですね。

 

この先、国内の家具・インテリア市場は

縮小傾向になるでしょう。

 

その一方で、高齢化に向けて

高級なベッドや介護ベッドは

ますます需要が増える動向にあります。

 

そして、市場の縮小化により、

海外に展開していくお店も

増えていく動向でしょう。

 

次回は、大塚家具の戦略について

みていきたいと思います。

 

またこれからは、自社媒体の

バイラルマーケットを作る戦略

重要になってきますね。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~これから伸びる業界と

その戦略を学ぶ~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>