AKB48の岩佐美咲ちゃんが2016年1月30日、

浅草公会堂で行った初の単独コンサートで、

「卒業」を発表しました。

 

この日は美咲ちゃんの21歳の誕生日。

自身初の単独ライブのステージで、

18曲を熱唱。

 

最初のあいさつでは、

初めてのソロコンサートであることに

感極まって涙ぐむ場面もありました。

 

終盤には、AKB48の元メンバーで、

現在はピアニストである松井咲子さんが、

バースデーケーキとともに登場、

同期である美咲ちゃんの誕生日を祝いました。

 

美咲ちゃんは、松井さんのピアノ伴奏で、

『履物と傘の物語』と『翼をください』を披露。

 

アンコールでは、最新シングルである

『ごめんね東京』ほか2曲を歌いましたが、

 

途中のMCで、「自分に厳しくいきたい」

「厳しい状況になるのは分かっているけど、

 

演歌の道一本でやっていきたい」と語り、

自らの決意を表明しました。

 

そして、ソロデビュー曲『無人駅』を熱唱。

 

現時点で、卒業の時期は未定だそうですが、

自ら下した決断。

 

苦難もあるかと思いますが、苦難は演歌の糧。

岩佐美咲ちゃん、これからもがんばってほしいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>