フィギュアスケート女子で圧倒的な人気がある

浅田真央選手の年収に今回は迫っていきたいと思います。

 

まず、浅田選手の収入源ですが、試合の賞金、

アイスショーの報酬、広告出演料、

日本スケート連盟の補助金やスポンサーの

賞金などが主な収入源になります。

 

スポーツ選手の中でも、浅田選手の

好感度は非常に高く、数多くのCMからの

オファーがくるため、7社とCMの契約を

交わしていたこともあり、

 

1本4000万円~6000万円と言われていますので、

CM収入だけで、2億円~4億円稼いでいたと

言われています。

 

その他にも、試合の賞金などを合わせると、

6億円はいくのではないかと言われています。

 

しかし、すべてが、すべて、浅田選手の

取り分になれば何も問題はないのですが、

 

スケート連盟の規定により、

50%を取り分となっていたや、

 

95%を搾取していたなど、

どの程度スケート連盟にお金が入っていたのか

わかりませんが、すべてが浅田選手の

収入になっていたわけではないようです。

 

浅田選手がソチオリンピック後に、休養に入り、

プロフィギュアスケーターになろうとしたのは、

このように、スケート連盟からの搾取で、

このような体制に疑問があったことにも原因があったそうです。

 

しかし、浅田選手はお金を大きく稼ぐ

というイメージは全く無く、私達に夢を与えてくれる姿勢や、

懸命に金メダルを取るために頑張る姿勢は、

私たちに大きなものを与えてくれます。

 

フィギュアスケートは、浅田真央選手や

羽生結弦選手はプロとは言わずに、シニアと

表現するある意味特殊な状態で、引退した、

織田信成選手や荒川静香選手は

プロフィギュアスケーターと名乗ります。

 

引退した選手の方が、スケート連盟とは関係なくなるので、

大きくお金は稼ぐことはできるようですか、

 

このように、スケート連盟が選手からのお金を巻き上げ、

選手を尊重していないような姿勢は

少し視聴者からは複雑なものがあります。

 

現在、日本では圧倒的にフィギュアスケートは

人気があるスポーツだけに、第2の浅田真央を目指して、

努力をしている人もたくさんいると思いますので、

 

お金は全てではありませが、選手から搾取をして、

奴隷のように扱うのであれば、

 

この先、

フィギュアスケートという競技に

夢がなくなってしまうような気がします。

 

スポーツ選手は大きなお金を稼ぐことができる

という一つの夢がありますので、これからも、

私たちに、大きな希望を与えてくれるような体制、

そして、環境になってくれればと思います。

 

浅田選手は、スケート連盟の搾取などをなければ、

6億円を稼ぎだすと言われていますが、

 

今のところ、スケート連盟にお金を

巻き上げられている状態みたいですので、

 

良くて、浅田選手の年収は

3億円くらいではないかと思われます。

 

現実はわかりませんが、浅田選手自体にものすごい

価値があることは確かですので、

これからプロフィギュアスケーターになったら、

更に多くのお金を稼ぎだすのではないかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>