週刊文春の一連の報道により、

不倫騒動が巻き起こったタレントの

ベッキーさんのCM降板に対する

違約金が4億円ともいわれています。

 

この4億円を、ベッキーさん自身が

支払うと言っていることについて、

ベッキーさんの年収はものすごい

金額である可能性などがありますので、

今回は、この話題について、

まとめてみたいと思います。

 

まず、ベッキーさんはCMを10社ほど

契約していましたので、もし仮に

1社3000万円だとしても、簡単に

3億円の年収をCMだけで、

稼いでいたことになります。

 

また、ベッキーさんは、金スマや

モニタリングなどの多数のレギュラー番組を持っていて、

10本のレギュラー番組がありましたので、

1本出演で30万円のギャラなどを

もらっていたとしても、年間で数億円の

収入があったのではないかと思います。

 

これほどまでの地位を確立するには、

これまでのベッキーさんのノンスキャンダルによる

印象の良さから、変なタレントを使用して、

問題を起こされ、企業イメージを

下げられるようなことがないように、

企業の防衛策とマッチしたタレントであったこと。

 

まあ、結局、不倫をしていたことで、

イメージが崩壊して、企業としても、

大打撃を受けましたが・・・

 

ベッキーさんは、CMに起用されやすい

タレントであったことが、コレほどまでの

年収を稼ぎ出すことが出来たのは

言うまでもない事実であります。

 

ベッキーさんはテレビのメディアには

本当に必要不可欠な存在になりました。

 

この地位が、一瞬のうちに崩れ果てたわけですが、

毎年のように、数億円を稼ぎ出していたベッキーさんは、

おそらく、それなりの貯金があり、

 

今回の違約金の4億円も、打撃はでかいですが、

決して払えない金額ではないようです。

 

4億円の違約金にもかかわらず、

支払うことができるのであれば、芸能人、

そして、タレントという仕事は、

本当に夢があるなと、感じさせられます。

 

しかし、それと同時に、売れっ子になるのは難しいが、

売れてから、信頼を失うのは、コレほどまでに

簡単に終わってしまうことから、

本当に恐ろしい世界であるとも感じさせられます。

 

日本国中で不倫や浮気をしている人は

数え切れないほどいるとは思いますが、

芸能人は熱愛が報じられるだけで、

イメージが下がったり、不倫であれば、

一瞬で人生が終わる可能性もあります。

 

芸能人という、自由に恋愛できなくなる仕事は、

本当に大変だと思います。

 

私たちは、何かを得るためには、

何かを捨てなければならないとよく言われますが、

芸能人という仕事は、自由を犠牲にして、

大きな人気を得る職業であると、考えさせられます。

 

これから、ベッキーさんの復帰があるのかは

わかりませんが、もし、復帰があるのであれば、

この事件をネタにできるような、

一回り大きいタレントとして、

復帰して欲しいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>