13613_504774066326813_6437463151788126942_n

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在19位 / 249人中)

「天気が悪いと体調も悪い」

という方がいます。

 

今回は、

天気と身体の関係についてみていきます。

 

気圧の変化で体調を崩す方は

次の理由が挙げられます。

 

気象(気圧・気温・湿度・日照時間など)が

変わることで起こる病気や、

 

一定の気象条件になると症状が出てきたり、

悪化したりする病気のことを「気象病」いいます。

 

う~~ん、たとえば、気管支喘息や神経痛、

リウマチ、偏頭痛、メニエール病などが

あげられますね。

 

また「身体がだるい」

「気持ちが沈んでしまう」など、

 

病気とまではいかなくても

身体に不調がおこることもあります。

 

10150678_271759199663460_7258026759584701526_n

では、

なぜ天候で左右されるのでしょうか

 

気圧とは、簡単に言うと

自分に乗っている空気の重さです。

 

普段私たちの身体は、

気圧に押しつぶされないように

体の内側から気圧を押しかえしています。

 

低気圧の場合、

普段より気圧が低くなるので

内側からの力が、普段より強くなります。

 

そのため、血管や細胞が膨張し、

血液やリンパ液の勢いがなくなることで

血流やリンパの流れが悪くなります。

 

そうすると身体のだるさや、

むくみ、頭痛、古傷や関節が痛むなどの

症状がでることがあります。

 

また、低気圧は、少しですが、

地上の酸素が少なくなります。

 

酸素が少ないと、

身体は余分な酸素を使わないように

エネルギー消費を抑えます。

 

これが行き過ぎると、

やる気がでない、身体がだるいといった

状態になることもあるのです。

 

このように、私たちの身体は

気圧の変化に影響を受けています。

 

天気がいいと、

気持ちがすっきりすることがあります。

 

これは、日光を浴びると、

ビタミンDの合成や、

 

「セロトニン」という脳内物質が

活性化するからといわれています。

 

え~っと、このセロトニンは、

脳を覚醒状態にし、

頭をスッキリとさせてくれます。

 

さらに、体内時計のズレを

リセットしてくれるのです。

 

このように、

気圧や日照時間の変化は

身体へさまざまな影響を与えます。

 

とはいっても、

天気は変えられませんよね。

 

そのため、気圧の変化・天候の変化を

知らせてくれるアプリなどを使って

 

自己の体調管理やスケジュールに

役立てていきましょう。

 

そしてなにより、

気圧の変化に対応するためには、

規則正しい生活が一番です。

 

夜遅くまでの、

スマホやパソコンはひかえましょう。

 

決まった時間に起きて

天気のいい日は朝日を浴びたり、

朝食をきちんとりましょう。

 

もしも天候の変化で

体調の不調を感じることが多けば、

 

一度ご自身の普段の生活を

見直してみると良いかもしれません。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~規則正しい生活で健康管理をしましょう~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>