14115392_881437221993827_4560530340492831520_o
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在15位 / 249人中)

1つ解決したと思ったらまた1つ。

「人生の悩み事」って尽きないですよね。

 

人生の荒波を乗り切るための

「正しい思考法」についてお話致します!!

 

問題を切り分けしましょう!!

 

人生をやっていると様々な場面で、

問題に直面します。

 

例えば、日常生活で

付き合う人が相当限定されている

というライフスタイルを送っていても、

 

「どこからそんな面倒な問題が

降ってくるわけ?」と

言いたくなるような問題が発生し、

これに対処しなければいけません!!

 

わたしの場合、サラリーマンとして

働いていた頃なんて、

 

日々発生する問題を解決させることで

お給料をもらっているような

気がしていました!!

 

1週間で1つも問題が

報告されなかったことなんて、

ほとんど記憶にありません!!

 

ですから、人生において

問題を忌避したり、これを

ゼロにしようと考えるのは

時間のムダという事です!!

 

生きるということは問題という

海をサーフィンするようなものです!!


IMG_4248

そうは言っても、問題を避けよう、

そこから逃げようとする人って

どこの会社にもたくさんいますよね。

 

そういう人を見ていて気付く共通点は、

「問題の切り分けが

正しく出来ていない」ことです!!

 

切り分けというのは、

「何が」、

「どういう理由、原因で」、

「どういう順序で」発生したのかを

 

論理的、つまり理屈でつじつまが

合うように整理するということです!!

 

これは人間関係でも同じです!!

 

ケンカになった、というのは

最終的なイベントに過ぎません。

 

ケンカが発生する何日も、

場合によっては何年も前から

 

今回のケンカの歯車は

動いていたのかも知れません!!

 

3年前に缶コーヒー代で貸した

100円をまだ返してもらっていない、

 

ということが最初の

きっかけになるくらいです。

 

ここは冷静に、客観的かつ論理的に、

感情を排除して分析を

しないといけないんです。

 

う~んでも、これが出来ない人が

意外といます!!

 

感情ではなく順番にと言っても、

「あんなことをされて悔しかった」

とか言い出します。

 

感情は問題の切り分けには

全く必要がない、というか

切り分けのジャマでしかないです!!

 

そしてそういう人の特徴は、

問題が起こるとすぐオロオロします!!

 

本人の頭の中では問題が

整理されていません!!

 

なので次に何をしたら事態が

好転するのかが

全く分からないのです。

 

でも放置するわけにはいかない、

となると、適当に思いついたことを

やりがちになります!!

 

ですが、それが問題をさらに

深刻化させるわけです!!

 

「分かる」の語源は

分ける、分解する、です。

 

どれだけ複雑に見える問題でも、

細かく分割していけば必ず最後は

 

シンプルな問題が

繋がっていたのだということが

分かるはずです!!

 

そのシンプルな1つずつの

問題を順番に直していけば、

最終的には問題は解決します!!

 

だからオロオロするヒマがあるのなら、

切り分け作業に集中すべきなのです!!

 

こういう場面で要求されるのは

瞬発力のある対応ではなくて、

 

じっくりと考えた、

真因を鋭く衝いている分析と、

綿密な行動計画です!!

 

○○○☆今日の動画★○○○

成功者は国民が休日の時に、

稼ぐ仕組み作りをする!


動画が再生されない場合はこちら
[動画再生]

 

○○○☆今日の一言★○○○

~その時の感情だけ行動すると

あとで損します!!~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>