11954619_715157318621819_6956094829101550735_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在10位 / 249人中)

雑談力が優れている人というと

話し上手で話術の達者な人を

イメージしがちですが、

雑談力と話術は全くの別物です。

 

今日は、雑談力について

お話していきます!!

 

場の雰囲気は声の雰囲気で変わります!!

 

始めに、話術が優れている人は自分の話を

スムーズに話すことは得意ですが、

それは雑談ではないです!!

 

雑談とは会話のやり取りなので、

会話のキャッチボールです。

 

キャッチボールに例えると、

相手の取りやすい場所に話題を投げて、

 

キャッチしやすいように

投げ返すことです!!

 

そんなやり取りの繰り返しが

雑談となります!!

 

え~と、雑談の場合、

相手の意識を自分に惹きつけて

 

一方的に誘導するような

駆け引き上手な話術は必要ないです!!

 

むしろ、話術に自信が無い人ほど

雑談力は鍛えられます。

 

努力すれば誰でも雑談はできます!!

 

迷わずに雑談力を鍛えてください。

 

そして、雑談力に大切ものとして

声です!!

 

声の雰囲気というのは発声や声量、

話し方といった声にまつわることの

すべてで決まります!!

 

どんなに興味深い内容を話していても

声の雰囲気が悪ければ

雑談を盛り下げてしまいます。

 

声の雰囲気は努力次第で

鍛えることが可能な部分です


20151128105843

例えば、声質に自信がない人でも、

面と向かって話すと不思議と

話しやすい人はいます。

 

それは声質以外の声量や

話し方といった部分が

優れているためです!!

 

要は、声の雰囲気を総合的に

高いからですね!!

 

苦手な部分以外を補うことで

雑談にあった声の雰囲気を

手に入れることは可能になります。

 

大声で話すような人や

聞き取れないような声の人とは、

 

う~ん、正直そういった方と

雑談をしたいとは思わないですよね。

 

重要なのはすべての声に関する

要素のバランスです!!

 

声のバランスに意識して

雑談を盛り上げる

雰囲気の声を目指してください。

 

豊富に話題はそろえておきましょう!!

 

初対面の人と雑談する時の

ポイントが「話題選び」になります!!

 

前もって相手の興味など調べておくことが

できれば良いですが、

都度できるとは限らないですよね。

 

雑談の中で興味がある話題を

探りながら柔軟に対応しましょう!!

 

なので普段から幅広い分野の話題を

用意しておくことがコツです!!

 

相手の職種などによっては、

タブーな内容もあるので、

最初は無難な話題から投げましょう!!

 

初対面の人だからこそ相手への

配慮を忘れないことが大切です。

 

では、誰でも当てはまる話題となると・・・

そう!!

「天気」です!!

 

今日の天気をきっかけに雑談を

展開させていくのが基本になります!!

 

雑談を広げていく上で大切なことは

一方的に話題を

押し付けてはいけません。

 

相手とのやり取りの中で

ふさわしい話題を選んで

盛り上げていくことが大切です!!

 

盛り上げる話題が見つからない時は、

深く掘り下げずに次々と

テーマを変えていきましょう!!

 

必ず話を掘り下げることが

正解とは限りません。

 

無難にやり過ごすことも

時には大切です!!

 

雑談で得たいのは、

相手の警戒心を解くためです。

 

いったん打ち解けることができれば

もっと雑談が盛り上がります。

 

雑談力を鍛えて良好な関係

築いていきましょう!!

 

○○○☆今日の動画★○○○

生天目の過去とコミュニケーションを高める秘訣とは??


動画が再生されない場合はこちら
[動画再生]

 

○○○☆今日の一言★○○○

~雑談力を鍛える~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>