12003017_721876667949884_4534429701040981344_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在12位 / 264人中)

保険と言ってもいろいろあります。

代表的なのは「生命保険(死亡保険)」

でしょう。

 

今回は、生命保険について

お話したいと思います。

保険に関するいくつかの基礎知識

「保険料と保険金」

保険契約者が保険会社に

支払う料金が保険料です。

 

保険金(保証額)は、

もしものとき受け取るお金です。

 

「保険期間(保障期間)と満期」

保険の契約が有効である期間のことです。

 

その間は保障があるということですから、

保障期間とも言います。

 

保険期間はあらかじめ何年と

決まっていることもありますし、

 

いつまでと決めずに定期的に

更新していくということもあります。

 

「満期金と解約返戻金」

保険が満期になったとき受け取る

お金のことを満期金と呼びます。

 

満期になる前に保険契約を

辞めることを解約といい、そのとき

受け取るお金が解約返戻金です。

 

保険の種類によって、

満期金・解約返戻金はある場合と

ない場合があります。

 

生命保険のタイプは、4つが代表的


IMG_0281

終身保険、定期保険、養老保険、

収入保障保険が主流です。

 

今回は、終身保険と定期保険の

仕組みについてお話します。

 

まず「終身保険」は、

保険期間の定めがなく、

保障が終身(一生)続く保険です。

 

保険料はやや高いです。

 

満期がありませんので満期金もありませんが、

人は必ずいつか亡くなるので、

保険金は必ず受け取れることになります。

 

途中で解約すると解約返戻金は

受け取れます。

 

保険金か解約返戻金のどちらかを

受け取ることになるので、

必ずお金はもらえる保険だと言えますね。

 

「定期保険」は、保険期間があらかじめ

決まっている保険のことです。

 

満期になると保障はなくなります。

このとき満期金はありません。

 

つまり、支払ったお金は万一の場合の

保険金以外では戻ってこないので、

 

一般に「掛け捨て」と

呼ばれているタイプになります。

 

解約返戻金もないものがほとんどです。

その分、定期保険は保険料が安くなっています。

 

なので、一定期間だけ保障を

つけておきたい場合などに利用されます。

 

目的に合ったものを選びましょう

 

例えば、貯蓄したいのであれば、

終身保険、養老保険が良いです。

 

相続対策には終身保険。

短期間であれば、定期保険。

 

安く保障をつけたい場合は、

収入保障保険など、

 

仕組みや特徴を知っておかないと、

損することがあります。

 

定期的に今の保険を

見直すことも大事です。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~違いに注目して

適正なもの選ぶ~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出、

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>