1424422_542985552458999_1219710558_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在15位 / 249人中)

先日、顧問の税理士のベンチャーサポートさんと

打ち合わせさせて頂きました。

 

社会保険や税務相談まで、細かい対応が

とても良かったです。

 

そのあとに、セントラルウェルネスの

ジムに通っています。

 

いま、週に3回ジムトレーニングをしています。

と、今日のテーマは大手会社のマーケティングの内容です。

 

 

今回は、ソフトバンクがなぜ成功しているのか、

ほんの一部分ですが、

マーケティング視点で見ていきたいと思います。

 

「価格」と「宣伝」の2つについて

お話したいと思います

 

まず、Softbankは基本使用料も含めて、

他社が価格を下げた場合、

24時間以内にそれ以下の価格にします。

 

と、常に最安値を更新し続ける

という約束をしています。

 

その上、ホワイトプランという

1時~21時はソフトバンク同士の

通話料は無料、というウィルコムに近い

プランも出しています。

 

そして、今では当たり前ですが、

携帯機種料金の分割支払いを始めました。

 

12308583_744355349035349_2058237299477204435_n当時、他社との競争は、本体価格を

出来る限り下げる事になっていました

 

分割支払いにする事で

他社に比べて高額なのに、

それを感じさせなくしたのです。

 

そこに割引サービスを適用させる事で、

事実上機種代金の最安値まで

達成する事を可能にしました。

 

ソフトバンクの宣伝広告では、

初期のテレビCMに、

キャメロン・ディアスやブラッドピットが

出演していました。

 

これは、ソフトバンクの

ブランド化のイメージを確約するのに、

当時としてはあまりにも衝撃的なCMでした。

 

表紙がキャメロン・ディアスの冊子を

コンビニに置くだけで反応が取れます。

 

テレビで見たその姿が手に取れる

一番身近な所にある訳です。

 

何より価格で他社を圧倒する事を

約束していたので、それを伝える

コマーシャルにも力を入れているのです。

 

今では皆さんご存じのホワイトプランを伝える

白戸家の人々を生みだしたのです。

 

上戸彩と犬、これだけでも面白いのですよね。

 

そこにカタコトの日本語を話す

黒人のお兄さんという設定は、

忘れられないCMとなっているはずです。

 

さらに、他の会社の様に温かみを伝える様な

コマーシャルも、人間味あふれるCMを

演出する事によって伝えています。

 

元々、ソフトバンクが引き継いだ携帯は、

ボーダフォンという携帯でした。

 

ボーダフォンは、他社に比べて

「安い」というメリットのみ

というぐらいでした。

 

その「安い」というイメージを、

「安いだけ」ではなくて

他の付加価値も加えることで

大手携帯会社と肩を並べる、

いや、それ以上の会社に成長したのです。

 

ボーダフォンは、孫正義社長が、

約1兆8000億円で買収したと言われています。

 

まさに決断力、思い切りの行動

参考にしていきたいと思います。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~思い切りの決断・行動を促す~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>