12049305_723789034425314_5126540201452276248_n

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在32位 / 249人中)

こんにちは。生天目佳高です。

 

今では、誰でも簡単に

専門的な情報を調べられます。

 

インターネットが普及したため

我々の趣味嗜好はディープに、

 

そしてマニアックな方向へと

どんどんシフトしています!!

 

では、そんな時代のビジネスは

どうあるべきなのでしょうか??

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~5月31日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

10991295_606969869440565_975670218785811188_n

狭く深く生きるのがふさわしい時代

 

ネットがこれだけ発達して、

これだけ普及すると、

 

「情報を手に入れる」ということの

ハードルは、ほとんどゼロですね!!

 

わからないことを調べれば、

大体のことは簡単にわかります!!

 

では、こういう時代には

何が起こるかというと

 

物事がドンドン細分化し、

ニッチな方向に枝分かれしていくのです

 

もう少し別の表現をすると、

よりディープな方向に

 

興味がシフトして行く

ということです。

 

例えば、世代別で、趣味や

流行りが異なりますね!!

 

当たり前ですが年代が違えば、

その価値観は全然違うんです。

 

だから宣伝広告や、

流通の方法もそのマーケットに

 

特化したモノを用意しないと

ビジネスにならないわけです!!

 

これはスポーツだって、旅行だって、

グルメだってみんな同じで、

 

出来るだけ他の人とは被らない、

自分だけの好き嫌いを

追及するようになって来たんですね!!

 

趣味の世界もドンドン細分化

していていくのです!!

 

戦史オタク

制服オタク

艦船オタク

体験オタク

 

実は、彼らの興味の対象、

おカネの使い方が全然違うのです。

 

鉄ちゃんも同じで、

撮り鉄、乗り鉄、模型鉄

 

彼らが、一緒に集まっても

全く会話が成立しないみたいです!!

 

つまり彼らを大きな枠の

「ミリタリーオタク」とか、

 

「鉄道マニア」と呼ぶのが

ふさわしくないわけです。

 

ビジネスも、大衆に受けるものから、

深く掘り下げたものに価値あるのです

 

もちろんそうなると

マーケットサイズは

小さくなりますよ!!

 

でもその分、

単価がグッと上がるんです。

 

その狭い世界で

濃い人間関係が構築されて、

 

一種のコミュニティーになって、

所属員以外の人を排除しながら、

 

自分たちが気分良くなる

世界を維持する、

 

みたいな流れになるんだろう

と思っています!!

 

そういう時代に生き残るためには、

ありきたりのみんなが

 

フツーに出来ることを

種類を増やすのではなく、

 

自分が徹底的にハマった何かを

深く深く掘り下げることの方が

ビジネスでは良いと思います。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~ニッチを極めよう~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>