12790966_782306861906864_5297901002226665389_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在10位 / 249人中)

ビジネスで日々使うメールの

基本的なマナーについて

お話致します!!

 

今になって人に聞けない方は

参考にしてみてください!!

「宛名」は正確に入れましょう!

 

「習うより慣れろ」で実践から

学んでいくのが上達への近道ですが、

まずは基本のルールを

おさえておきましょう!!

 

え~と、初めての相手にメールを

送る場合の書き出しの

ポイントをご紹介します!!

 

「宛名」⇒「自分の名前と自己紹介」

⇒「用件」 が基本の流れです!!

 

個人に宛てるメールには、

「○○様」と相手の名前を

最初に明記しましょう!!

 

間違って送信したときにも

すぐわかります!!

 

宛名は社名や所属、役職が

わかっている場合は

 

「△△△株式会社」

「▽▽部長 ○○様」と

 

2行に分けて書くといいです!!

 

個人名がわからない場合に限り

使う敬称が「御中」です。

 

個人名や担当部署が

特定されている場合は

「様」を使います。

 

なので、

「御中」と「様」の

併用はしません!!

 

特に気をつけたいのは

漢字の書き誤りです!!

 

社名も名前も失礼のないよう、

よく確認をしましょう!!

 

「宛名」の次は

名を名乗りましょう!!


_S__9043971

宛名の次は自分の名前です。

 

ビジネスメールの場合は、

当然のことながら本名を名乗ります。

 

差出人が誰であるか、

相手にひと目でわかって

もらうためでもあります!!

 

続けて、簡単な自己紹介も入れます。

 

くどくどと書く必要はなく、

メールの用件に関連する範囲内で

相手に自分が何をしているか、が

伝われば十分です!!

 

例えば、

「私は△△△社で▽▽を

担当しております○○です」の

ように簡潔で良いです。

 

相手のアドレスを知った

理由に触れておく

 

初めてメールを送る場合、

気に留めておきたいのが、

 

相手のメールアドレスを

知った理由を書き添えておくことです!!

 

自分が逆の立場なら、

見知らぬ人からの突然のメールには

 

「なぜ、自分の

メールアドレスを知ったのだろう?」

と警戒心を抱くものです!!

 

「なぜ」に対する理由が明らかなら、

不審感もなくなります!!

 

【1メールに一つの用件にしましょう!!】

 

件名とも関連しますが、

「1メールに一つの用件」が原則です。

 

複数の用件を一つのメールに

入れ込んでしまうと、

 

返信が続いた時に結局、

何についてのメールかわからなくなり、

間違いのもとです!!

 

読みやすいメールにするには

1行の長さがポイント

 

1行が長すぎるメールは、

見た目にも圧迫感があり、

相手が読むとき改行の位置が

ずれたりして読みづらくなります。

 

目安としては、1行は

全角文字で35文字前後、

最大でも38字以内に

収めるのが適切です!!

 

1行いっぱいに文字を入力るより、

文章の切れ目のよいところで改行し、

 

数行ごとに空白の行を

入れるようにすると

読みやすくなりますよ!!

 

ぜひビジネスマンの方

参考にしてみてください!!

 

○○○☆今日の動画★○○○

フェイスブック極秘裏技コメントPVアップ術


動画が再生されない場合はこちら
[動画再生]

 

○○○☆今日の一言★○○○

~メールの最後は

署名を忘れずに!!~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>