12036741_722223817915169_5558391650779614831_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在12位 / 249人中)

メガネをかけていると、

初めて会った人には

 

「あのメガネの人」

という印象が残ります!!

 

今回はそのメガネの選び方について

お話したいと思います!!

 

メガネをかけると

セルフブランディングしやすいです!!

 

メガネをかけた時のイメージが

「メガネが似合っていた感じのいい人」

 

などプラスであれば、

話してもいないのに人柄までも

プラスに感じさせてしまいます!!

 

ちなみに

「メガネ派の男性・コンタクト派の男性」

のイメージ調査によれば、

 

 

「メガネをかけている男性のイメージ」

第1位が「知的」(65%) です。

 

また、「メガネ姿の男性が好ましいシーンは?」

という質問に対して第1位は

「仕事をするとき」(50%)だそうです!!

 

ファッションアイテムとして

カジュアル感覚でかける人が多くなりましたが、

 

まだまだ「メガネをかけると知的に見える」

というイメージは強く残っています!!

 

ビジネスにおいて

自分を印象付ける「知」とは、

 

「専門知識に詳しそう」や

「営業マンとして信頼できる」

といった人間像ですよね!!

 

う~ん、メガネをかけることで、

具体的に「知的」な姿が

イメージできます!!

 

ビジネス向けメガネ選定のポイントをご紹介


11025142_613817302089155_560720204560033034_n
まず1つ目ポイントですが、

金属素材「メタル」タイプは、

一見違和感のないセルフレームですが、

 

セル素材ではカジュアル感が

強く残るのでビジネスでの

印象アップにはなりにくいです!!

 

2つ目のポイントは、

 

サイズは小さ過ぎて横幅が広がったり、

また逆に大きかったりせず、

 

ラクにピッタリかけられるものが

おすすめです!!

 

3つ目のポイントは、

顔のタイプに合わせていく場合、

 

面長タイプの顔立ちであれば、

ややボリュームある

太目のメガネが良いです。

 

丸顔タイプなら細めの

スッキリしたタイプが

バランスよく見えます!!

 

また顎のラインが

ふっくらしている方は、

 

耳側のフレームラインが

やや上がりぎみのものにすると

顔が引き締まって見えます!!

 

顎のラインがきりっとしているなら

耳側のフレームラインが

 

丸みがあるものがやさしい

顔立ちになります!!

 

4つ目のポイントは、

メガネの色は、

顔映りのいいものを選びましょう!!

 

同じ形で色違いをかけ、

どちらが顔が明るく見えるか比べます。

 

男性であればブラウンとグレー、

女性であればピンク、パープル、

オレンジブラウンで比べると良いです!!

 

米国の心理学者アルバート・メラビアンの

実験によると第一印象を決める要素は

 

視覚情報

(身だしなみ、表情、態度、動作)

55%でした!!

 

え~と、第一印象が7秒で決まるとも

言われています。

 

ビジネスにふさわしいメガネ選びは

その背景をより具体的にすれば、

イメージアップすることができます!!

 

どんな仕事の内容なのか、

さらに接客やミーティングなど

 

どんなシーンでかけるのか、

会う相手はどんなタイプの人か、

また相手の業種などですね。

 

メガネでも相手に敬意を示すことが、

信頼・イメージアップへと繋がります!!

 

話さなくても好感度が上がる

メガネをかけてみては

いかがでしょうか!!

 

○○○☆今日の動画★○○○

あなたはすでにオプトインされている現実とは??


動画が再生されない場合はこちら
[動画再生]

 

○○○☆今日の一言★○○○

~メガネ1つで好感度を上げる~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>