s__39100431

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在27位 / 249人中)

こんにちは。生天目佳高です。

 

モノがあふれている現代では

どのようなものが売れるでしょうか?

 

今日は、現代で勝ち残るためには

なにが必要なのかをお伝えします!!

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~2月28日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

 

IMG_4242

高度成長期、主役はメーカーだった

 

日本人の多くが、所得が増え、

いろいろな商品やサービスを

購入することができるようになったため、

 

メーカーは、

作れば売れる状態でした。

 

う~~ん、現在はどうかというと、

その頃とは違い、

 

モノが市場に

あふれかえっていますよね。

 

最近、多くの若い人は、

「ほしいモノは特にない」と言います

 

現在は、「消費者が主役」の

時代なんですね。

 

しかも、「欲しいモノは特にない」という

特徴を持った消費者が主役なわけです。

 

顧客が良いと思うモノやサービスしか

買ってもらえない時代なんです!!

 

とは言っても、iPhoneは売れるし、

他より値段が高くても

 

スターバックスを利用する人は

たくさんいます。

 

この状況は、

どう捉えればいいのでしょうか。

 

Appleやスターバックスは、

業績不調を嘆く会社と

何が違っているのでしょうか??

 

その答えは、価値です!!

 

Appleやスターバックスは、

顧客に「価値」を提供することによって

業績を伸ばしたのですね。

 

今までになかった市場を

創造したということになります。

 

そうなんです!これがまさに、

マーケティングなのです!!

 

初めてiPhoneを買う顧客は、

なぜそれを選ぶのでしょうか。

 

デバイスへの興味・・・

それだけではないはずです!!

 

それを手に入れたときの価値を見出し、

お金を払うのですね。

 

iPhoneを買えば、

友人といつでもメールや会話ができる。

 

インターネットが

いつでもどこでも使える。

 

音楽をいつでもどこでも楽しめる。

かっこいい(笑)

 

というような価値を

手に入れることができるわけです。

 

もちろん、私もiphone使ってます(笑)

 

現在は、モノを売るためには

「価値の創造」をしなければいけません

 

そうしないと買ってもらえません。

 

以前は、需要が供給を

上回っていましたから、

作れば売れました。

 

しかし、

現在は、工夫をしないと売れないんです。

 

そこで重要になるのが価値です!!

便利機能の多さではありません。

 

マーケティングとは、

そのような価値を

 

顧客に知らせる活動に

他ならないのです!!

 

欲しくなるような

商品やサービスについて

 

知らせることによって、

顧客は「いい情報をありがとう」

と言って買ってくれるわけです。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~価値を顧客に教える~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>