20160123051354
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在12位 / 264人中)

皆さんマイナンバーカードは、

発行しましたか?

 

今、マイナンバー制度が

どうなっているのかお話したいと思います。

通知カードは、現在も267万通が未達

マイナンバーは今年1月から、

税や社会保障制度で本格的に利用されています。

 

総務省によると、1月15日時点では

全体の5.7%にあたる約331万通の

通知カードが未達でした。

 

なので1か月弱で60万通以上

減ったという事になります。

 

それでもまだ267万通ですから、

このペースだと約4ヶ月かかりますね。

 

マイナンバーが原因でホステスの

なり手がいなくなる!

 

クラブには本業のホステスと、

昼間はOLをしている兼業のホステスや、

 

通称ヘルプが混在していて、

3人に2人がヘルプです。

 

裏で支えているのは、

日給制のアルバイトという事になります。

 

なので親や会社にバレるのを恐れて、

高収入アルバイトをしない人が増えています。

 

マイナンバーで所得全額の

把握が可能になった


6bef5a085f56d3f7c8042c6af2bd1b71

ヘルプをしている若いOLは、

給与所得以外に高額の所得があるため、

確定申告をしなければなりません。

 

そうなると確定申告の数値から算出された

住民税額は当然、同期の社員に比べて

突出します。

 

なので会社側は副業をしていることに、

気づく可能性が高くなるという訳です。

 

今まで確定申告をしてきちんと

納税をしているホステスの方は

少なかったと言われています。

 

もし確定申告をしていなくても、

会社から提出された支払調書に

記載されたマイナンバーと、

 

クラブの経営会社から提出された

支払調書に記載されたマイナンバーを合せれば・・・

 

これは実際のところ「申告漏れ」

もしくは「脱税」にあたります。

 

脱税は、罪が重く金額が大きいと

禁固刑もあります。

 

でも、脱税なんて大げさなと

思うかもしれませんが、

決して大げさではありません。

 

 

会社からの給与所得以外に

副業の所得がある場合

 

給与所得者も居住地を管轄する

税務署に確定申告する必要があります。

 

副業の所得が20万円以上であれば、

確定申告をしましょう。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~納税は国民の義務~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出、

月収50万円32人以上も成功者を出した、

生天目式ハイパーメールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>