11150644_655946374542914_5613688241118697013_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在12位 / 264人中)

プロ野球選手の報酬は「推定年俸○億円」

などと報じられるとおり、

1年間の総額で決められています。

 

でも実際の支払いは

どうなっているのでしょうか?

「年俸制」といっても、

いろいろな支払い方があります

プロ野球選手の場合、

決定された年俸を12で割って

毎月支払う方法です。

 

これが一番単純な方法で、

このタイプの年俸制が

一番広く使われているようです。

 

この場合は、ボーナスが

ないとも言えますし、

 

ボーナスが年俸に含まれている

という解釈もできます。

 

月給制と比べた時の

年俸のメリット・デメリット


11057672_718259481644936_2306379617106179743_n

会社が労働者の勤務成績を

給与に正確に反映させている限りは、

 

年俸制であろうと月給制であろうと、

給与に差は発生しないはずです。

 

しかし、月給制に比べて年俸制のほうが

成果主義賃金になじみやすく、

給与のアップダウンが激しくなります。

 

若いうちから成果を認められて、

給与がドンドン上がる可能性もあります。

 

広島の黒田博樹選手は年俸6億円です!!

夢がありますね!!

 

逆に仕事のできによっては来年の年俸が

ガクンと下がる可能性もある、

ということです。

 

従来の年功序列型賃金のように、

年齢や役職に応じてある程度安定して

 

給与が上がっていくのに比べると、

どちらがよいかというのは

一概には言えません。

 

やる気のある若者や、そのような

若者の働きに期待する

 

ベンチャー企業にとっては、

年俸制は魅力的かもしれません。

 

プロはシーズンを通した

コンディションの維持が大変

 

日本のプロ野球は、4月から9月までの

6ヵ月間にペナントレースを144試合戦います。

 

週に5、6日は、毎日試合が行われます。

 

レギュラー選手は、シーズン中、

ほぼ毎日試合をしているようなもので、

コンディションを維持するのが大変です。

 

しかも、コンディションが悪いと、

成績に直結していきます。

 

成績が下がれば、試合に出られなくなり、

年収に響くと悪循環になるのです。

 

選手によっては、個人トレーナーを雇ってり、

奥さんに食事を工夫してもらったり、

 

コンディションの維持には、

かなり苦労しています。

 

そこまでしても、野球が好きで、

続けたいという気持ちがないと

プロとしてやっていけないですね。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~日々の努力を惜しまない~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出、

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>