12400511_761771617293722_1853324785522011188_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在12位 / 249人中)

同じ環境であっても伸びる人、

伸びない人がいるのは

なぜでしょうか?

 

今回は野球選手を例に

その理由をお話致します!!

 

伸びる人、伸びない人、その違い

 

プロ野球の世界は

常に生き残りをかけた戦いですね!!

 

その中で生き残り活躍できるのは、

ほんの一握りです!!

 

それは、練習の違いから

あるといわれています。

 

伸びる人と伸びない人では

練習が違うのです!!

 

巨人、中日で活躍した

川相昌弘選手を例にお話します


20150829023630

彼は全体練習が終わったあと、

来る日も来る日も当時二軍の

上田コーチからマンツーマンで

指導を受けています!!

 

川相選手は、素直で

まじめな性格ということもあり、

守備はメキメキと上達しました!!

 

バントの技術も誰にも

負けないほどに成長します。

 

そして、ついに一軍に

呼ばれるようになったのです。

 

当初は守備要員でしたが、

バントをさせるとかなう者は

一軍にいませんでした。

 

ヒットエンドランなどの

細かいプレーも巧みに

できることを首脳陣に評価され、

 

ついには、二番・セカンドとして

レギュラーへ定着しました!!

 

一軍に上がるために、

自分にしかできない技術を

磨きに磨いていった結果

 

決して素質がずば抜けていた

というわけではありません!!

 

本人の意識、努力次第で

プロでも通用する選手になれる

ことを証明して、

自分の居場所を見つけたのです!!

 

ですが、

川相選手とは逆に

伸びない選手もいます!!

 

コーチが、朝のミーティングで

「昨夜はバットを振ったか?」

と聞くとひとりは、

 

「はい、500本は振りました。」

と元気よく応え、もうひとりは、

 

「300本振りました。」と答えます!!

 

そこで、「ただ振っただけか?」と

重ねて聞いてみると、

ふたりは下を向いたまま

黙ってしまいました。

 

「どれだけやったかよりも、

なにをやったか。中身なんだ。

 

なにも考えずに500本振るより、

アウトコースの低めを想定して

100本素振りをすることの方が大事なんだ」

と言ったそうです!!

 

ただ漠然とバットを

振っても身にならない。

 

考えて練習する、しない

では大きな差が出るのです!!

 

苦手を克服し、

他の人にないものを身に付けて、

長所はさらに伸ばす。

 

これを実行するかどうかが、

伸びる人と伸びない人の

違いなのです!!

 

これはビジネスでも

共通することがあります!!

 

伸びるビジネスマンは、

とにかく素直です!!

 

素直なぶん、言われたことは

行動に移すのが早いし

継続して物事に取り組みます!!

 

○○○☆今日の動画★○○○

【起業家支援】

youtubeアフィリエイトの仕方


動画が再生されない場合はこちら
[動画再生]

 

○○○☆今日の一言★○○○

~素直・行動・継続・修正~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>