2
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在17位 / 248人中)

長崎県のハウステンボスは

経営不振で廃業寸前でした。

 

しかし今となって再生し、

快進撃を続けています!!!

ハウステンボスを復活させた手法とは!?

ハウステンボスを救ったのが

澤田秀雄社長です!!

 

澤田社長は、わずか二人で創業した

旅行チケット販売会社HISを

3,500億円の大企業に成長させた経営者です。

 

他にも格安航空会社スカイマークや

海外で銀行を設立するなど、

注目されています。

 

ハウステンボスに関しては、

2003年2月に負債総額2,289億円という

テーマパーク最大の負債金額で

経営破綻しています。

 

なので、会社更生法の適用を受けながら

繰り返し経営者を交代し、

 

再生に挑んでいましたが

結果は伴わなかったのです。

 

わずか1年で黒字化することに成功


12216_755603911243826_5771302506989870828_n

え~~~と、誰が経営しても

18年間ずっと赤字だった

 

ハウステンボスの経営を

たった1年で黒字ですよ!!

 

ほんとスゴイですよね!!

 

今のハウステンボスは、

客足の絶えない賑やかな

テーマパークに生まれ変わりました。

 

澤田社長が就任した当初、

全従業員に指示した事が3つあります。

 

1つ目は、

出勤の15分早く来て

みんなで掃除しよう」です。

 

これは、たくさんの人を迎える

テーマパークにおいて掃除は

何よりも大切だと教えたそうです。

 

澤田社長の狙いは、当時の従業員に

「誰が社長になっても同じだ」

というネガティブさを感じたので、

 

そういう基礎の部分から

指示したのだと思います。

 

そして、2つ目が、

2割の効率化を目指そう」です。

 

歩くスピードを少しだけ早く、

仕事の作業スピードを少しだけ早く、

 

20%早く動くことを意識付けることで

会社全体のスピードが速くなり、

結果的に収益構造が良くなったのです。

 

そして、3つ目が

2割の経費を削減と、

2割売り上げアップ

という具体的な目標設定でした。

 

その1つとして、

ディズニーランドの1.5倍という

広大なパークの3分の1を

フリースペースとして開放です。

 

無料開放することで運営経費を

大幅な削減に成功しました。

 

後編では、ディズニーランドやUSJとは

まったく異なる戦略についてお話いたします。

 

下記の記事も参考に読んでみてくださいね。

動きながら思考・前進しているマインドセットが大事!!

 

○○○☆今日の一言★○○○

~成功者から学ぶ意識!!~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>