2016_1_21-130
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在11位 / 249人中)

常に机の上で仕事をしている人は

同じ姿勢の時間が長いので、

 

肩こりや腰痛に悩まされる人が

多いはずです!!

 

少しでも軽減させるための

座り方をご紹介致します!!

 

デスクワーク中は足を

組まないでください!!

 

え~と、足を組むことで、

筋肉のバランスが崩れます。

 

崩れたまま生活をすると

骨盤の位置がズレて

しまったりしてしまいます。

 

そうなると、腰痛や肩こり、

太りやすい体質になるのです!!

 

足を組むことがクセになっていると

無意識にやってしまう場合が

多いと思います!!

 

こればかりは意識をしないと

辞めることができません!!

 

あとは、椅子に深く腰をかけたり、

足の間にクッションを挟むなど、

工夫してみましょう!!

 

ちゃんと地面に両足をつけましょう

 

椅子に座っている時、

足の置き場所に悩んでいませんか?

 

1日座っていると、

足の置き場所がコロコロ

変わるという方も多いと思います!!

 

う~ん、足はできるだけ

地面にべったりとつけている方が

体の負担が少なくて済みます。

 

足を地面につけていないと、

その分体重の負担が

 

全て腰にかかってしまい、

腰痛の原因になってしまいます。

 

もし、足をつけるのが難しい時は、

台を置いたりするなど、

 

これも工夫をして

腰の負担を軽くしましょう!!

 

あごは前に出してはいけません!!

 

パソコンに集中していると、

いつの間にかアゴが前に

突き出た姿勢になっていませんか?

 

突き出したままでいると、

猫背になりやすくなります!!

 

猫背になると、肩こりや腰痛など

色々な体の不調が増えます。

 

もしクセになっている人は

出来るだけ早く修正しましょう!!

 

顔は正面、あごは引くようにして

パソコンに向かうと

猫背が改善されますよ!!

 

水分補給はこまめにとりましょう!!


20140821-2

特に女性はむくみを気にして、

水分を控える人が多いようです。

 

でもそれは、逆効果なんです!!

 

水分を入れないと、

新陳代謝が悪くなって、

 

疲れやすくなったり、

むくみやすくなります!!

 

さらには太りやすい原因にも

なると言われています!!

 

人は気づかないうちに

汗をかいて体内の水分は

蒸発しています!!

 

まめに水分補給をして、

むくみや疲れ、

だるさを解消しましょう!

 

しかし、冷たい飲み物は

体が冷えるので、

 

できれば常温の飲み物を

飲むようにすると良いです!!

 

 

こまめに短く休憩をとるのがポイント!!

 

仕事に集中していると、

何時間も休憩なしで作業を

続けてしまうことが多いです!!

 

でも一度に仕事をやると、

終わった直後に

疲れがドッと襲ってきます。

 

そして、長めの休憩を

取っていませんか?

 

仕事を効率的に行うためには

30分仕事をして10秒の休憩を

とる方が効率的なんです!!

 

その10秒間、デスクで行える

簡単なエクササイズを

するようにしましょう。

 

休憩は長さよりも

タイミングが重要です。

 

休憩時のエクササイズにより

血液の循環が良くなりますし、

 

疲れにくい健康な状態

仕事を行うことができます!!

 

そして、

正しい姿勢に慣れてくる頃には

 

疲れにくさや太りにくさを

実感できるはずです!

 

○○○☆今日の動画★○○○

成功者は国民が休日の時に、

稼ぐ仕組み作りをする!


動画が再生されない場合はこちら
[動画再生]

 

○○○☆今日の一言★○○○

~座り方で効率が変わります!!~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>