10685541_524158111076596_5862539781309295958_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在10位 / 249人中)

相続税法が改正されて以来、

色々な情報が流れましたが、

対策し始めた方も多いのでは?

 

今回は相続税対策について

お話いたします!!

 

相続財産を現金で隠していれば

税務署には見つからないのでしょうか?

 

相続税法が改正され、

課税範囲が広がったので、

 

相続税に関心を持つ人が

増えたはずです!!

 

自分にも相続税がかかるんじゃないかと

恐れている人もけっこう

いるのではないでしょうか?

 

相続税を逃れるために、

資産を現金化し、隠しておこう、

などと思う人もいるようです!!

 

土地や預金、株券、

金融商品などは、

税務署が発見しやすいけど、

 

現金なら税務署は

わからないのではないか、

と考えるのでは?

 

実際には、

どうだと思われますか?

 

確かに、現金の場合、

預金や株券などに比べると

見つかりにくいという面はあります。

 

現金だから、

見つからないわけではありません!!


IMG_1683

というのも、税務署は、

相続税が発生しそうな資産家については、

相続開始前(死亡前)から

あらかじめ情報収集をしています!!

 

この人は、年収が非常に大きい、

だから、相続税がかかるはず、

というようなことを調べています!!

 

で、その人の年収というのは、

税務署にきっちりデータが

残っていますから、相続資産も

年収から割り出したりするわけです!!

 

もし、年収に比べて著しく

相続財産が低い場合は、

「これはおかしい」ということになり、

自宅を訪ねて調査をします!!

 

またその人が死亡する前に、

預金から多額の引き出しがないかとか、

株券を換金してないかとかいうのも、

税務署はすぐにわかります!!

 

長い時間をかけて少額の現金を

コツコツと隠していた場合は、

 

バレないこともあるかもしれませんが、

でもそれでは脱税できる金額も

たかがしれています!!

 

現金を隠す手間と泥棒などの

リスクを考えれば、

あまり割の合うものではありませんよね!!

 

このことに関して、

以前ニュースも出たりしています!!

 

え~と結論としては、

現金で隠していたとしても、

税務署に発見されることはあります!!

 

まっとうな節税をしていれば、

かなり税金は少なくて済みます!!

 

配偶者というのは、

遺産全体の半分までは

無税で受け取ることができます。

 

さらに、他の節税策を使えば、

相続税額を2億円くらいにするのは、

十分に可能だったはずなのです。

 

このケースでは、おそらく

追徴税を含めて5億円くらいは

払っていると思われます。

 

まともな節税策さえしていれば、

下手な脱税などする必要がありません!!

 

○○○☆今日の動画★○○○

【起業家支援】年収が高い人の共通点 林修式


動画が再生されない場合はこちら
[動画再生]

 

○○○☆今日の一言★○○○

~まともな節税対策をしましょう!!~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>