22490_655946317876253_6168956605479273578_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在12位 / 248人中)

突然ですが、

あなたは今の仕事に

満足していますか?

 

シゴトは自分から

どんどん開拓してかないと、

シゲキもなくなり平凡な

仕事になってしまいます!!

 

経営者は注意!!パタ-ン化すると

社員のやる気がなくなる!!

 

経営者側の予測ができてしまうと、

「またか・・・」となります。

 

う~ん、そうなると、

仕事への熱心さ

がなくなっていくんです!!

 

働く気力も落ちて、

ネガティブな方向へと

向かっていきます。

 

これだけは覚えておきましょう!!

 

結局のところ、基本・応用だけでは

会社は進化できないのです!!

 

仕事は頼まれたことだけを

やればよいという事ではないです。

 

働いている社員と協力して、

会社を一緒に育て、

大きくしていきます!!

 

すこしの知識やヒラメキがあるだけで、

ドンドン会社は変化していきます!!

 

もし、変化をやめてしまったり

止まったりすると、

 

それは「あなた自身」と

「会社」の衰退を表します。

 

え~と、では、どうすれば

いいのでしょうか?

 

自分自身と会社には

新しい刺激と知識が必要です!!


11822519_699764686827749_6679196474108025408_n

シゴトをしながらの勉強は

自分の仕事を深めるほか、

会社を大きくします!!

 

社員であれば給与に「能力給」が

あると思います。

 

それは基本給に付随するもので、

その人の評価を意味します。

 

その評価を上げるためには

どうしても「スキルアップ」が

必要になるのです!!

 

経験や知識が次の仕事を生まれて、

また会社が大きくなります!!

 

もし、スキルアップしなければ

どうなると思いますか?

 

おそらく、限られた仕事や

ルーティン化した仕事に、

徐々に飽き飽きしていくはずです!!

 

そして、会社の魅力もなくなり、

会社を愛する気持ちも減ります!!

 

こうなると、

チャレンジしていくことが

なくなってしまうのです!!

 

最終的には、

今何のために働いているのかと

疑問を抱くことになってしまいます。

 

社会人として、

社会に貢献する意味で、

仕事を充実させるためには・・・

 

やっぱりシゴトとは別に

スキル向上のために

必要な勉強も必要ということです!!

 

いくつになっても前進する

心を持ちましょう!!

 

まず、

「これくらいが限界だから、

これでいいや」と思った時点で、

それ以上の成長はあり得ません!!

 

どちらかというと

会社にとってはお荷物に

思われてしまいますね!!

 

あなたが面接を受けていた

当時の気持ちを

思い出してみてください。

 

履歴書や質疑応答の時にも

「これから頑張って

精進していきたいと思います」や

 

「頑張ります」と

答えた人が多いと思います!!

 

勉強をする社員と、

勉強しない社員だと、

 

明らかに知識や情報の差が

生まれるのは当然のことで

誰でも理解できる事です。

 

では、会社はどちらの社員に

給与を支払いたいと思いますか?

 

知識や情報は自分にとっても

会社にとってもメリットが

めちゃくちゃ大きいです!!

 

シゴトしながら勉強をすることは、

難しいと思った方もいるはずです。

 

ですが、もし

その難しい事を自分が

成し遂げたら・・・

 

それは

ものすごく利益であり、

必要な人材となります!!

 

誰かに求められる

人材になれると嬉しいはずです!!

 

ぜひそこに、やりがい

持てるようになりましょう!!

 

○○○☆今日の一言★○○○

~個人の存在感を増して活躍~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://ow.ly/3yhlgP

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>