YouTube(ユーチューブ)は、

アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンブルノの

YouTube, LLCが運営している

動画共有サービスで、YouTube は世界で

2 番目に大きな検索エンジンになります!

 

FacebookやTwitterのコンテンツとして

「動画」が効果的と良く言われますが、

内容の企画や撮影、編集など

経費・労力の点から、なかなか

取り組むのが難しいと感じている方が

多いのではないでしょうか?

 

なぜ動画を利用しないと損なのか?

動画の特徴を知っておきましょう!

◆短時間に内容を分かりやすく伝達出来る。

◆直感的な理解と訴求力に優れている。

◆印象に残りやすい、認知度の向上。

◆視覚や聴覚に直接的に訴えるため、

ソーシャルメディア上でより多くの

リアクションが期待できるので、

顧客との接点を強化することができます。

そして何より、

マーケティング効果の向上になります。

さらにYouTubeのメリットが、

◆コストがかからない。

◆検索エンジンの上位表示に効果がある。

◆SNSへの拡散がしやすい。

などがありますので、

マーケティングに活用する

メリットが大きいですね。

 

具体的にどうすれば良いのか?

それは、魅力的かつ短く、簡単で、

見やすい動画を作るのがポイントです!

現在は、動画がクリックされた回数よりも、

どの動画が長時間の視聴に

つながっているかが考慮されています。

 

今後も、長時間視聴される、魅力的な動画が

推奨動画として表示されていくと思われますが、

単純に一本の動画を長く作れば

良いわけではないです。

 

「視聴者の総視聴時間」ですので、

視聴者が最後まで見てもらえる動画を

沢山用意した方が良いです。

一本当たりの長さは、他のメディアでの

再生も考慮して、1分半〜2分以内が最適です。

 

また、画質にこだわりすぎるよりも、

音質と画像のゆれ、照明に気をつけましょう。

そして一番大事な事は、最初の15秒に

視聴者にアピールしたいポイントを

もってくることですね。

 

ほとんどの視聴者は、動画を継続して

見るかの判断を最初の10~15秒で

決めているのです。

あなたも自然とそのような

判断をしているはずです。

 

その他にも、タイトル、タグ、説明、

サムネイルといった、動画に付けられる

情報(メタデータ)をコンテンツに

最適なものにすると効果的です。

メタデータは検索や関連動画からの

視聴者獲得に重要なポイントになります。

 

成功している他の動画や類似テーマの

動画で使用されているキーワードを参考にしたり、

YouTube Analyticsでカテゴリごとに

最も検索の多いキーワードをリサーチしてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>