ドロップシッピングを知らない方の為に、

簡単に説明します。

 

ドロップシッピングとは、

商材もない、コネもない、

でもネットショップを持ちたい!という人、

又は、オリジナル商品を販売したい!

人向けの仕組みです。

 

ドロップシッピングには大きく分けて

2種類あります。

1つ目は、

【既存の商品を販売するタイプ】

多くの人が副業として取り組んでいる

ドロップシッピングはこのタイプです。

サプライヤーと呼ばれる商品提供者(メーカーなど)

が提供している商品群から、

あなたが売りたい商品を探して売るタイプです!

 

無数にある既存商品の中から、

売れるかどうかをあなた自身でリサーチ等し、

見極めて商品を選び販売を始めるという、

通常のショップに限りなく近いのが

ドロップシッピングになります。

 

実際に仕入れなくても、

仕入れと同じ感覚で商品を探す

楽しさがあり、好きなジャンル、

興味のあるカテゴリに絞ってショップを

展開するこも可能ですね。

 

ブログだけでも気軽にショップを

始められますので、サラリーマンの方で

忙しくあまり時間がとれない方にも向いています。

 

そして、2つ目が

【オリジナル商品を販売するタイプ】です。

このタイプは、ショップ運営の楽しみだけでなく、

商品を生み出す楽しさが味わえるのが特徴です。

 

オリジナル商品といっても、

一から作り出す必要はありません。

どういう事かというと、

例えば、「無地のTシャツにオリジナルデザインの

プリント」をしてくれるサービスなどを利用し、

あなたは、Tシャツのデザインだけを考案し、

あとは販売するだけです。

 

ここで、ドロップシッピングの

メリットとデメリットをご紹介します。

まず、メリットとしては、

●在庫を持たなくていい

●価格設定が自由

●梱包・発送の作業がない

●販売だけに集中できる

などです!

手間のかかる梱包・発送を代行して

もらえるのは助かりますね。

この分、空いた時間を別の作業に

あてることができます。

 

そして、デメリットは、

●リスクを取らない分、利益額が少ない

●顧客情報(リスト)が持てない場合がある

●人気商品は沢山の人が扱うので

同じような販売価格になる。

●儲かるのはドロップシッピングを

推奨している会社だけという事も!

まぁ、リスクを背負わない分、

得られるメリットは少なくなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>