元々、せどり(競取り、糶取り)とは、

「同業者の中間に立って

品物を取り次ぎ、その手数料を取る」

ことを言います。

しかしは現在は、

ブックオフ等から仕入れて

ネット(オークションやアマゾン)で

より高値で転売することを指しています。

ネットビジネスの中では、

最も成果が出しやすいジャンルと

言えるかもしれません。

 

現在は、スマホやパソコンでの

インターネットの普及により、

商品の知識がなくてもその場で

ツールなどを活用して手軽に

相場の金額や商品価値を

知ることができるので、

「せどり」というビジネスの敷居は

だいぶ低くなりました。

 

最近では、ヤフーオークション、

アマゾンなどから、

個人で売買することができる為、

このシステムを利用して

せどりをしている人が

増えてきているのです。

 

【せどりのメリット・デメリット】

メリットとしては、

・リスクが低い

初心者であっても正しい仕入れ基準を

持って取り組めば赤字になることもないです。

仕入れの段階で利益の出ない本は、

仕入れなければ良いだけなので

リスクを抑えることができます。

 

・即金性がある

商品が売れてから入金されるまでの

スピードが早いのが魅力的です。

アフィリエイトの場合などは

通常2ヶ月後に振り込まれますが、

せどりはお客さんからの入金は

すぐ振り込まれます。

ヤフーオークションであれば即日。

アマゾンでも振り込むように、

管理画面より設定を行なえば、

1週間程度で入金されます。

 

・空いた時間に作業ができる

仕入れは休日を使ったり、

仕事帰りなどいつでも

仕入れる事は可能です。

それに加え出品作業はネットに

つながる環境があれば

いつでも出来ますし、

発送に関しても売れた商品を

週2回くらい発送すればOKです。

 

デメリットというと、

・労働を続けなければいけない!

せどりは、ほったらかしが

できないビジネスです。

副業でおこなうと月15万円以上

稼ぐようになってくると作業が

手間になってきます。

アマゾンのFBA(アマゾンが

商品保管と発送をしてくれるサービス)を

利用すれば、手間を省ける事は可能ですが、

仕入れを続ける必要がある事には

変わりありません!

労働を減らしたい場合は、

人を雇って任せれば可能ですが、

人件費や管理も必要です。

 

・在庫の保管場所の確保

在庫量にもよりますが、

在庫は部屋の本棚やスペースを結構取ります。

自宅で保管する場合は、

生活空間を圧迫される可能性もあるので

保管場所の確保で苦労します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>